カテゴリー
ネットビジネス

【楽々】ブログ記事タイトルのカンタンな付け方。読まれるための5つのポイントとは?

こんにちは。じゅんです。

 

今回はブログ記事のタイトルの付け方のポイントについて、
記事を書いていこうと思います。

 

 

「タイトルなんか大して意味ないんじゃねー?」
と思われるかもしれませんが、

 

実はタイトルというのはブログに限らず、
広告や書籍などでも凄く大事なモノです。

 

実際に、広告業界で有名な、
ホールドマン・ジュリアスという海外の人物いるんですが、
この方は1920~30年にかけて、2000種類近い本を2億冊売りました。

 

で、これって何をしたかっていうと、
本のタイトルを変えただけらしいです(笑)

 

「タイトルだけでそんなに変わるの?」
と思われるかもしれません。

 

 

ですが、言われてみれば、
僕たちも書店で並ぶ本を手にするかどうかはタイトルだけで判断しますよね?

 

本に限らず、インターネットで見る記事や、
最近で言えばYoutubeの動画だってタイトル(サムネイル)でついつい見てしまうものです。

 

 

この、広告業界の一例や、僕達の私生活の話からも分かるように、
タイトル1つで人の行動は左右されるものであり、
実は僕達が日常的に何かを”見る”か”見ない”かの決め手のほとんどがタイトルにあります。

 

 

逆に言えば、タイトルで人を惹きつけることができないと、
そもそも存在にすら気付いてもらえないんです。

 

存在に気付いてもらえないということは、
どれだけ良い内容の記事を書いたとしても全く読んでもらえなくなってしまいます。

 

 

これはもちろん、ブログ記事のタイトルも一緒で、
タイトル次第で、アクセスが大きく増減するんです。

 

 

で、そんなタイトルの付け方ですが、
何も特別なセンスや才能が必要とされるものではありません。

 

というのも、タイトルの付け方には、
”人を惹き付ける”ための決まったポイントがいくつかあるんです。

 

 

最もユーザーの心を掴み、
読まれやすくなるタイトルの付け方とは何なのか?

 

タイトルの付け方のコツとしては、この5つがあります。

 

  1. メリットがあることを提示する
  2. 重要な言葉に絞る
  3. SEOキーワードは必ず入れよう
  4. 分かりやすい内容にする
  5. タイトルと内容をマッチさせる


全部実践すればより効果的になるので、ぜひ使えるところを使ってみてください。

 

ということで、
読者にとって効果的なタイトルの付け方のポイントを1つずつ紹介していきましょう!

 

 

ブログタイトルの付け方① メリットがあることを提示する

タイトルの時点で、
記事を読むことへのメリットを先出しする必要があります。

 

言い換えれば、タイトルの中に、

「この記事はあなたにとって有益なんですよ」

という意味合いを含ませることです。

 

やはり、自分にとってメリットがありそうなタイトルであれば、
誰でも興味の度合いが一気に高まります。

 

 

例えば、ダイエットの記事のタイトルを、

「すぐにできる簡単に痩せる方法5選」

という風に書いたとしましょう。

 

このタイトルって、痩せようと思っている人からすれば、
タイトルそのものにメリットがあるわけです。

 

 

ダイエットしたいと思う人からしたら、

  • 「すぐにできる」
  • 「カンタンに」
  • 「痩せる方法」

というワードが入っているため、
タイトルの時点から、メリットや有益である意味合いが含まれていますよね。

 

つまり、ブログのタイトルは読者にとって、
”価値がありそう”と思わせることが大事なんです。

 

 

他にも、

  • 「ある習慣を辞めるだけで痩せることができる」
  • 「誰もが気付かず習慣にしている肥満のメカニズム」

これらのタイトルであっても、
痩せたいと思う人からしたらタイトルに時点でメリットを感じるわけです。

 

痩せる方法を知りたいと思う読者は、

「痩せれる情報がありそうだ」、「気付かない悪い習慣を知れるかも」

とタイトルに有益性を感じとります。

 

 

このように、ブログのタイトルというのは、
「この記事を読む事でメリットがあるよ」
と感じさせることが非常に大事です。

 

ダイエットの記事は一例なので、
どんなジャンルであっても読者にとって、
「悩みが解決できそう」、「良い情報がありそう」
というメリットを先出ししましょう。

 

タイトルにおいて、

”メリットを先出しする”

これはとても大事なことなので、
今のうちからしっかり抑えておくと良いです。

 

ブログタイトルの付け方② 重要な言葉に絞る

一般的に、検索結果で表示されるタイトルの文字数は、

  • PCの場合は32文字前後
  • スマホの場合は34文字前後

となっています。

 

ですが、タイトルの表示文字数はグーグル先生の仕様変更によって
変動する場合があります。

 

なので、タイトルの文字数は大体30文字前後を意識していきましょう。

 

 

30文字前後でタイトルを収めるということは、
その中に重要な言葉を当てはめる必要があります。

 

ここでどーでも良いような言葉を入れてしまっては、
記事の重要性が伝わりませんからね。

 

 

例えば、ダイエット系の記事タイトルであれば、

  • 痩せる
  • カンタン
  • 誰もができる
  • 食べならがら痩せれる

などなど、最重要に伝えたい言葉をタイトルに入れて、
読者にとって価値ある情報が一目で分かるようにしましょう。

 

タイトルの時点で重要な言葉が入っていれば、
すぐに読者の目を引くことができます。

 

 

ちなみに、あくまでタイトルの文字数は30文字前後というのは目安なので、
めちゃくちゃ良いタイトルが決まったときは多少文字数はオーバーしても構いません。

 

どちらかというと、記事タイトルには最重要な言葉を入れることのほうが大事なので、
あなたが伝えたい最も重要な言葉をタイトルに入れていきましょう!

 

 

ブログタイトルの付け方③ SEOキーワードは必ずいれよう

タイトルにはSEOキーワードを必ず入れましょう。

 

知っている人からしたら当たり前の知識かもしれませんが、
知らない人のために重要なので説明しておきます。

 

SEOキーワードとは、あなたがグーグルやヤフーなどで、
実際に検索するキーワードのことです。

 

 

例えば、ネットで明日の天気を調べようとして、
「天気 関東」などで検索をかけると思います。

 

この、「天気 関東」という、
情報を調べるためのキーワードがSEOキーワードです。

 

 

で、あなたがブログ記事を書く場合、
タイトルにSEOキーワードを含ませる必要があります。

 

例えば、
「カンタンに痩せる」
というSEOキーワードを狙った場合だと、

  • 「カンタンに痩せる方法5選」
  • 「カンタンに痩せるのに食事制限なしで実践できる方法」
  • 「カンタンに痩せる苦労がないダイエット法」

こんなタイトルがつけられます。

 

 

ここのポイントとしては、
SEOキーワードはタイトルの左側につけることです。

 

なぜかというと、読者にすぐに”価値ある情報”を認識させるためとなります。
パッと見てすぐに求めている情報がありそうだと理解させることです。

 

 

というわけで、タイトルにSEOキーワードを含ませるというのは、
絶対に忘れずにやりましょう。

 

 

また、SEOキーワードを決めるポイントとしては、
読者がどんなキーワードと使ってあなたの記事に辿りついてくるか?
をイメージすることです。

 

痩せたい人であれば、

  • 「無理せず痩せる」
  • 「食べながら痩せる」
  • 「カンタンに痩せる」

 

モテたい人であれば、

  • 「モテる男のテクニック」
  • 「初デートの誘い方」
  • 「脈あり、脈なしの見抜き方」

と、いくらでもキーワードが連想できます。

 

 

もしくは、自分が何かに対して悩んだとき、
「どういった情報や解決法を知りたいのか?」
と自問自答してキーワードを探すのもアリです。

 

他にも、特定の悩みを知人や友人に聞いてみる方法もありますし、
僕としては一番カンタンにできるのはYahoo知恵袋だと思っています。

 

Yahoo知恵袋では、人のリアルな悩みを見れるわけなので、
その中から、人が普段悩んでいること、知りたいことを
キーワードとして落とし込んでみることがおススメです。

 

「こういう悩みの人は、どんなキーワードで調べ物をするだろう?」
と考えてみると、自然と需要のあるキーワードが見つけられるようになります。

 

 

と、少し話が逸れましたが、
記事タイトルにはSEOキーワードを含むことをお忘れなくということでした(笑)

 

 

ブログタイトルの付け方④ 分かりやすい内容にする

ブログ記事のタイトルは、
読者が一目見てすぐに理解ができる分かりやすい文章にしましょう。

 

タイトルの時点から何を書いてあるのかよく分からないモノだったり、
小難しい言葉を並べるのは避けるべきです。

 

カンタンな話、何についての記事なのか?
を一目でパッと分かりやすいタイトルにしましょう。

 

 

悪い例で言えば、
「恋愛についての方法」
みたいなタイトルはNGです。

 

この場合だと、恋愛についての何の方法なのかが分かりませんよね。

 

それよりは、

  • 「恋愛でモテるようになる方法」
  • 「恋愛で異性から好かれるための方法」

というタイトルの方が、
恋愛でモテるための記事なんだということがすぐに分かります。

 

記事のタイトルはパッと見て、
目的がハッキリしているものでなければ、
当然読者の興味も全く沸きません。

 

 

ブログのタイトルは、小難しい言葉を並べるのではなく、
パッと見てすぐに理解ができ、分かりやすくメリットが見える文章にしていきましょう。

 

 

ブログタイトルの付け方⑤ カンタンに実践できそうなタイトルにする

基本的に、人間は面倒なことを嫌います。
人はできるだけ楽に、自分のメリットを手に入れる方法を探してるんです。

 

だからこそ、ブログのタイトルで、
カンタンに実践できそうに見せることがテクニックの一つとなります。

 

 

このカンタンそうに見せるテクニックとしては、
数字を使うことがおススメです。

 

  • 「カンタンに痩せる方法5選」
  • 「たった1つの習慣を変えればあなたもスリム体系に」
  • 「お金持ちになる共通点はこの3つ」

 

例を挙げるならこんな感じですかね。

 

 

なぜ数字を入れると良いかというと、
数字を入れることで、記事を読む前から記事に対して「情報量」の意識ができます。

 

つまり、方法を1つや3つや5つにすることで、
「3つならカンタンに実践できる情報量かも」
と、カンタンに見せることができるんです。

 

漠然と、「○○な方法」と言うより、
「3つの方法」と言われた方が、すぐに実践できそうに見えますよね。

 

 

なので、タイトルそのものには、
面倒や手間が掛かるように見せるのではなく、
数字を使うことで読者にとったら情報量の目安がつきやすくなり、
カンタンに読み上げられる記事に見せることができるんです。

 

 

ちなみに、他にも数字を入れることはメリットがあり、
説得力そのものが上がります。

 

  • 「○○で-5kg痩せた」
  • 「3週間で肉体改造ができる」

 

というように、数字を入れることで、
より具体的な情報として捉えることができるんです。

 

これはタイトル以外にも使える応用テクニックなので、
タイトルや記事の信頼性を上げるためにも、
数字は実に効果的であることを覚えておきましょう!

 

 

タイトルと内容をマッチさせる

これはタイトル付けの話とは少し違いますが、
大事なことなので必ず意識しましょう。

 

タイトルを決めて記事を書いた場合、

”必ずタイトルと内容はマッチさせること”

をしなければいけません。

 

 

ついつい、アクセスを集めるためにタイトルだけに力を入れすぎると、
記事の内容がタイトル負けしてしまうことがあります。

 

これをしてしまうと、せっかくタイトルに興味を持って訪れたユーザーが、

「なんだ、求めてた情報と全然違うじゃん」

と思い、あなたに対する信頼性が凄まじく落ちるんです。

 

同時に、「この人が書く記事って内容が薄いモノばかりなのかもな」
と思われ、他の記事を読まれなくなる可能性が出てきます。

 

 

もしかしたら、あなたも何か情報を検索をかけ、
タイトル負けした記事を見かけたことがあるかもしれません。

 

「求めてた情報と全然違うやんけ!」

 

みたいな感じの記事です。

 

タイトルと内容が異なった記事の場合、
即効でブラウザバックしますよね^^;

 

 

記事を書く上ではタイトル付けだけで満足をしてはいけなく、
しっかりと中身まで一致させ、信頼性を高めていきましょう。

 

 

ブログ記事のタイトルの付け方まとめ

ブログ記事のタイトルの付け方のポイントとしては、

  • メリットがあることを提示する
  • 重要な言葉に絞る
  • SEOキーワードは必ず入れよう
  • 分かりやすい内容にする
  • カンタンに実践できそうなタイトルにする
  • タイトルと内容をマッチさせる

この6つでした。

 

この6つのポイントを抑えるだけで、
ブログの記事タイトルはとても効果的になり、
アクセス数が十分に上げていくこともできます。

 

 

ちなみに、これらのポイントはブログだけではなく、
Youtubeなんかも同様に使えるモノです。

 

なぜなら、人々の興味を惹き、関心を持ってもらう。
といった意味では、テキストでも動画でも全く一緒だからと言えます。

 

あなたがブログでもYoutubeでも、
上手いタイトル付けができないのであれば、
是非とも今回の6つのポイントを抑えて再チャレンジしてみてください。

 

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
ネットビジネス

アフィリエイトで売れる記事の書き方

こんにちは。じゅんです。

 

今回は、

「アフィリエイトで売れる記事の書き方」

について記事を書いていきます。

 

 

実際、ネット上では多くの人がアフィリエイトを実践していますが、
その中でも分かっているのが、アフィリエイトでは、

”商品が売れる記事と売れない記事”

というのが存在するんです。

 

 

で、気になる疑問は、
「この違いって何なんだ?」ってことだと思います。

 

 

実のところ、アフィリエイトで売れる記事を書いている人は、
何も特別な才能があるとかいうわけではなく、
しっかりと「どうやったら成約がとれるのか?」
ということを知識として取り込んで実践してるんです。

 

 

つまり、アフィリエイトで売れる記事を書くためには、
正しい知識をしっかりと落とし込めば、
誰にも売れる記事は書けるのです。

 

何を隠そう、僕も完全0の素人からアフィリエイトを始めて、
成約をとることに成功しています。

 

僕が何を意識し、アフィリエイトで成約をとったかを
分かりやすく説明していこうと思うので、
是非とも参考にしてみて下さい。

 

アフィリエイトにおいて、
売れる記事とは何なのか?
早速解説していきましょう。

 

 

アフィリエイトで売れる記事:まず意識すべきこととは?

アフィリエイトでモノを売る場合、
読者に対して価値を与えなければいけません。

 

価値を与えると言うのは、商品の記事を読んだユーザーが、

「なんか魅力的で、この商品を買ったら自分にプラスになりそうだ」

こう思ってもらうことが価値提供です。

 

なので、記事でなんとなく商品の情報を垂れ流し、
リンクを貼っただけの記事ではもちろん成約には至らないでしょう。

 

まず、書き手は読者に対し価値を与えること。
これを大前提に考えておいてください。

 

 

また、あなたが商品を買うときのことを思い出してください。
ネット上でも、日常生活でも、
商品を宣伝する映像や言葉に心を動かされて商品を購入してるはずです。

 

ということは、あなたが商品を売るのであれば、

”あなたがモノを買うときの感情”

その感情を読者に与えなければいけません。

 

 

しかし、いちいち自分が商品を買うときの感情なんて、
そこまで理屈で落とし込んではいないと思います。

 

ということで具体的に、あなたが商品を買うときに仕掛けられている仕組みを
これから紹介していきますね。

 

 

アフィリエイトで売れる記事:タイトルで興味付けさせる

実は、記事のタイトルは超重要となります。

 

なぜなら、人が記事を読む最初の入り口は、
タイトルそのものだからです。

 

あなたがキーワードを検索し、検索結果に出てきた一覧から、
特定の記事にアクセスする理由はなんでしょうか?

 

 

それは、記事のタイトルが気になるからだと思います。

 

「このタイトルは有益な情報が見つかりそうだ」

「なんだこのタイトル?少し気になるから見てみよう」

 

と、検索結果のタイトルに何かしら興味が沸き、
記事にアクセスしていることでしょう。

 

 

つまり、新規のユーザーを集める最初の入り口はタイトルであり、
このタイトル次第では、集まる人が激増したり激変したりするのです。

 

なので、いくら記事の中身がとても有益なことを書いていたとしても、
ユーザーから興味が沸かないタイトルを書いてしまっては、
記事そのものが気付かれないで終わる可能性があります。

 

 

かくゆう、広告業界でも、

”広告で一番最悪なのは気付かれないこと”

と言われているんです。

 

それくらい、タイトルというのは重要になります。

 

 

記事のタイトル付けのポイントとしては、
別記事で製作中なので、出来上がり次第URLを貼る予定です。

 

 

アフィリエイトで売れる記事:冒頭で引きつける

記事のタイトルからユーザーがアクセスした場合、
記事の冒頭で興味付けさせることが肝心です。

 

というのも、せっかくユーザーが記事に降り立ったときに、
冒頭から何の魅力もない文章を書いていたら、
読者の興味がそがれて、即効でブラウザバックされる可能性があります。

 

そもそも、ユーザーが記事にアクセスさえしてくれれば、
自動的に記事を読んでくれるなんて考えていけません。

 

つねに、読者に対しては、
”どうやったら記事を読んでもらえるか?”
ということを考える必要があり、やらなければやらない作業です。

 

 

で、冒頭で読者を興味付けをさせる一番のポイントは、

”ベネフィット”

これに限ります。

 

 

ベネフィットとは、顧客が商品から得られる
「利益」、「恩恵」などのことです。

 

カンタンなところ、
顧客がその商品で得られるメリットは何か?
という意味だと思ってください。

 

 

ブログ記事であれば、

  • この記事を読むとどんなメリットがあるか?
  • 商品を買うとどんなメリットがあるか?

これを意識してみましょう。

 

記事の冒頭でメリットを打ち出すことで、
読者は早い段階で興味を持ってくれます。

 

「なんかこの記事良いこと書いてありそうだな」
という感じで、記事を読み進めてくれる可能性が高まるんですね。

 

 

逆に、記事の冒頭からよく分からない文章、メリットを感じられない場合、
読者はすぐに興味を失うと思っていてください。

 

 

ここのポイントは相手の立場に立つことです。

 

自分が読者だとして、タイトルに興味が沸いてアクセスしたのに、
冒頭から言いたいことも、メリットもハッキリしない
文章が書いてあったらどうでしょう?

 

「あ、自分の求めている情報じゃないな」

 

と思い、すぐに他の記事を探します。

(僕がそうです笑)

 

 

なので、前提として、

”読者はそこま気が長くない”

ということを意識しておきましょう。

 

すぐに興味が沸かない文章や、メリットを感じられないモノであれば、
読者はすぐに消え去ると考えていきましょう。

読者はいつだって、
手っ取り早くメリットを知りたがっています。

 

 

だからこそ、記事の冒頭から惜しむことなく、
”ベネフィット”を最大限に打ち出してみましょう。

 

 

いつだってユーザーが興味を持っているのは、その記事や商品で、

「自分がどうなれるのか?」

ということだけなのです。

 

 

記事の冒頭でやってはいけない2つのこと

 

反対に、記事の冒頭部分でやってはいけないことが2つあります。

 

一つ目は、

”タイトルと関係のないことから書いてしまう”

ということです。

 

例えば、

”薄毛の発毛剤”

のアフィリエイト商品を紹介するため、
「世間が知らないハゲを治す方法」
というタイトルを書いたとします。

その場合、冒頭で薄毛に関する話をしっかりとして、
商品のメリット、記事を読むメリットを書くことで、
読者はすぐに興味を持つんです。

 

  • 「この記事を読むことで今まで治らなかった薄毛を治る可能性がグンと上がります。」
  • 「なかなか薄毛が治らない人にとっておきの商品があります。」

 

こんなこと冒頭で書いてあったら、
興味の度合いは一気に上がります。

 

 

逆に、冒頭でメリットを書かず、
仮に薄毛の歴史の話なんかをしてしまったら、
「なにこれ?」と思われて読者の興味がなくなってしまいます。

 

読者が知りたいのはあくまでハゲを治す方法であるので、
それに関する方法、メリットをすぐに打ち出さなければ、
ストレスを感じ、記事を離脱される可能性が高まってしまうのです。

 

 

読者は自分の求めていることをすぐに知りたいのです。

 

なので、記事にタイトルをつけたのであれば、
関係のない話はなるべく避け、
そのタイトルの続きを書くイメージで冒頭の分を書いていきましょう。

 

 

そして記事の冒頭でやってはいけないもう1つ目は、

”冒頭での長文は避ける”

ということです。

 

というのも、記事に降り立ったとき、
いきなりめちゃくちゃ長い文章があったら読者的に、

「うわ~読むの疲れるわ。もっと分かりやすい記事ないかな?」

と、すぐに興味がそがれてしまうんです。

 

 

なので、冒頭ではなるべく長文を避け、
分かりやすく読める文章で、
ベネフィットを伝えることが大事となります。

 

何度も言うように、読者はすぐに、
自分にとって得になる情報を知りたいので、
余計なストレスを与える文章は避けましょう。

 

 

アフィリエイトで売れる記事:見出しだけでも内容が分かるようにする

基本的に、記事を読んできてくれる読者に対し、

「アクセスさえくれば記事を全部読んでくれるだろう」

と考えるのは避けましょう。

 

確かに、すでに記事の商品にめっちゃ興味持っている人は、
すべての文章を読み上げてくれるかもしれません。

 

しかし、記事に訪れる大体のユーザーは、
”なんとなく流し読みしている”
という意識を持って記事を書いていくことが大事です。

 

イメージとしては、ネットを見ているユーザーは寝ながらスマホをいじり、
なんか良い情報ないかな~くらいのスタンスでいる感じとなります。

 

 

で、そういった読者に対して、
記事を読んでもらうためにできることが

”見出しだけで理解してもらう”

ということですね。

 

 

なぜなら、見出しだけで理解でき、尚且つ引きつけるような文章であれば、
なんとなく記事流し読みしている読者が、

「なんだこれ、気になるなおい」

という気持ちなり、
そこから詳しく文章を読んでくれる可能性が高まります。

 

 

となれば、記事の見出しでパッと理解ができる例を挙げてみましょう。

 

例えば、”カンタンに痩せれる方法”というお題で、
ダイエット商品のアフィリエイトをしている記事を書いていたとします。

 

その記事の中の見出しで、

 

  • 「痩せるためのカンタンな方法3選」
  • 「ある習慣を辞めるだけで一気に痩せる」
  • 「実は世間が知らない肥満のメカニズム」

 

という見出しを書けば、流し読みしている人に対しても、
すぐに内容が理解できるし、興味付けができ、
止まって記事を読んでくれる可能性が高まります。

 

 

逆に、悪い見出しの例を挙げると、

 

「レプチンの分泌が減り、グレリンが多く分泌されると人は太る」

 

という見出しをつけたとしたらどうでしょう。

 

 

わけわからんですよね(笑)

 

これは睡眠によるホルモンの専門用語なんですが、
普通に痩せたいと思ってる人からしたら興味は沸かないと思います。

 

特に、流し読みで、
なんとなく痩せたいと思っている読者からしたら、

「なんか難しそうだし、もっとカンタンに分かる記事ないだろうか」

と思って、すぐに記事を去ることでしょう。

 

そもそも、痩せたいと思っている読者は、
そんな専門的なことを知りたいわけじゃなく、
「どうすればカンタンに痩せれるか?」
ということを求めているのです。

 

 

というように、見出しだけで分かりやすい記事を書くことで、
流し読みしている読者が手を止めて読んでくれる可能性が高まります。

 

 

記事を書く上で意識するべきことは、
読んでくれると考えるのではなく、
記事は読ませるものということです。

 

 

アフィリエイトで売れる記事:誰にでも分かりやすい文章にする

文章を書く上で、福沢諭吉のこんな名言あります。

 

「サルに見せるつもりで書け。
 俺などはいつもサルに見せるつもりで書いているが、
 世の中はそれでちょうどいいのだ。」

 

 

この言葉は、筆一本で食べていこうとた尾崎行雄という男が、

 

「識者(見識のある人、知識がある人)にさえ
 分かってもらえればそれでいいから、そういう本を書きたい」

 

と福沢諭吉に相談したところに、
尾崎行雄に対して投げかけられた言葉です。

 

 

いやはや、こんな昔から文章の本質って作られてるんだなあと、
僕自身圧巻しましたね。

 

 

記事を書いているとついつい、
難しい文章や専門用語を並べた方が
知的に見えて信頼が高まるんじゃないか?と思いがちですが、
それは大きな間違いです。

 

そもそも、人間というのは脳科学的にも、
簡単な言葉のほうが記憶されやすいと言われています。

 

例えば、あなたが本などで情報を知ろうとした時、
難しい言葉や専門用語ばかり並べられていたらどうでしょうか?

 

少なくとも僕は、
理解するのに時間が掛かり、ストレスを溜めます。

 

いや、最悪読むのをやめるかもしれません(笑)

 

 

基本的に人間っていうのは、
文章をスラスラ読み進めていけないことに対して、
非常にストレスを感じるのです。

 

仮に、難しい言葉や専門用語の羅列をした
アフィリエイト記事を書いてしまったらどうなるか。

 

答えは簡単で、

”面倒くさくて読まれない”

ってことになるんです。

 

これでは、どれだけ時間や労力を掛けて難しい記事を作成しても、
何の意味も成しませんよね。

 

 

人間というのは本質的に、
手っ取り早くメリットを得たいと考える生き物です。

 

あくまで、アフィリエイトで売れる記事を書こうとするときは、
自分のテクニックや頭の良さなどを自慢するような書き方をしてはいけません。

 

誰にでも理解できる分かりやすい文章を書くで、
多くの人が記事を読んでくれます。

 

 

大事なのは、読者は何を欲しているか?を考えることであり、
読者は何を考えているかというと、

 

「手っ取り早く理解できる情報かメリットが欲しい」

 

ということです。

 

 

実際に、福沢諭吉は誰にでも理解できる分かりやすい文章を意識し、
書いた書籍は340万部の異例のベストセラーを誇りました。

 

もちろん、分かりやすい文章だけでここまで売れたとは言いませんが、
大衆に読んでもらう分かりやすい文章と言うことが売上にも大きく影響してるのです。

 

この福沢諭吉が発言した、「サルにでも分かるように書け」
っていう言葉、めちゃくちゃ本質をついてます。

 

是非とも、ここを意識して文章を書いていきましょう!

 

 

アフィリエイトで売れる記事:商品を売るには、ベネフィットが超重要

記事の冒頭のポイントでも話したベネフィットですが、
これはめちゃくちゃ大事です。

 

一応、ベネフィットを繰り返し説明すると、
顧客が商品から得られる
「利益」、「恩恵」などのことになります。

 

商品を買って得られる未来のことですね。

 

 

例えば、人はダイエット商品を買うとき、
その商品を購入し、痩せた未来の自分を想像します。

 

ゲームを買うなら、ゲームで得られる楽しい未来、
本を買うなら、本で有効な知識を得た未来の自分。

 

 

つまり、人が商品を買うときは、
どんな時もその商品で得られるメリットと未来の自分を想像するんです。

 

これがいわゆるベネフィットになります。

 

 

そもそも、人は商品を買う時、

「自分がその商品でどうなれるのか?」

ということにしか興味がありません。

 

だからこそ、あなたがアフィリエイト記事を書くときには、
その商品で得られる未来をハッキリと書いてあげる必要があるんです。

 

読み手に良いベネフィットを打ち出すコツとしては、
まず商品のメリットを自分自身で理解します。

 

 

例えば、脱毛器具をアフィリエイトしようとし、
商品にこんなメリットがあったしましょう。

  • 綺麗な肌に見える
  • 美しくなれる
  • ムダ毛の処理時間が早い
  • 他社の商品に比べ、安い

 

そしたらこのメリットを日常生活に繋げるんです。

 

  • 「綺麗な肌に見えるだけで、人からの印象はとても良くなる。」
  • 「美しくなり、本来のあなたの魅力をもっと出せる」
  • 「手間暇かけずに、すぐに脱毛ができる」
  • 「これだけの性能があるのに、安価で手に入る」

 

 

この場では説明のためカンタンに書きましたが、
要は、その商品でどんな未来が訪れ、あなたにどんな良いことがあるのか。
これを打ち出すことです。

 

 

また、普段から自分が商品を購入する際にも、
その商品の何に惹かれたのか?と肌で感じたことを
書き留めておくのがおススメとなります。

 

あなたが商品を売る際、読者に対し、
ベネフィットという価値を与えられるかどうかが決め手となるので、
しっかり意識して魅力あるベネフィットを書いてみましょう。

 

 

 

アフィリエイトで売れる記事の書き方まとめ

アフィリエイトで売れる記事を書く手順としては、

  • タイトルで興味付けさせる
  • 冒頭で惹きつける
  • 見出しだけで分かる内容にする
  • 誰にでも分かる文章にする
  • ベネフィットを打ち出す

この5つが非常に大事です。

 

商品を売る際、記事を読む読者に対してストレスを与えないことが大事です。

 

冒頭から小難しい長文を話し出したり、
見出しで何が言いたいか分からなかったり、
文章が難しく、理解がよく出来ないモノであれば、

 

読者はストレスを感じ、
すぐに記事から去ってしまいます。

 

 

だからこそ、タイトルで興味を持ってもらった後、
冒頭ですぐに惹きつけることを書き、
読者が読み進めたくなるような記事にしましょう。

 

 

また、読者が記事を流し読みしている場合も想定し、
見出しだけで分かる内容を書きます。

 

その上で、難しい専門的な文章を避け、
誰にでもすぐ分かるような文章を書けば、
読者はストレスなく読み進めていけるものです。

 

 

そして、商品のベネフィットを打ち出すことで、
成約率というのが非常に高まります。

 

 

是非とも、これまでのポイントを意識してアフィリエイト記事を書いてみましょう。

 

最初は誰でも上手い記事を書けるものではないので、
始めからうまくいかなくても不安に思わなくて大丈夫です。

 

少しずつ、アフィリエイト記事での売れる記事のポイントを把握し、
記事を書いていけば、成約に繋がっていきます。

 

どうかこの記事があなたの参考になると良いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!