カテゴリー
ネットビジネス

ネットビジネスは嘘ばかり?大事なのは嘘を見抜く力。

こんにちは。じゅんです。

 

今回は、

ネットビジネスは嘘ばかり?大事なのは嘘を見抜く力。

というお題で記事を書いていこうと思います。

 

実際、ネット上には、ネットビジネスの関する様々な情報があって、
本当なのか嘘なのかよく分からないようなモノばかりです。

 

私自身、ネットビジネスを始める前は、
ほとんど全部ウソだと思っていました。

 

「ネットビジネスで月収数百万とかww」
と、ハナで笑ってほぼシカトしてたんですね。

 

いや~もったいない。今となってはもったいない。

なぜもったいないかと言うと、
”本当の情報”もあるからです。

 

ってことで、今回の記事は、
”明らかな嘘”の情報の見抜き方を紹介していきましょう。

 

ネットビジネスは嘘ばかり?金と経歴しかない連中

いやはや、こういった系統の人は実に多いです。

 

  • 今まで○○ビジネスで何十億を稼いでいる
  • アメリカの大手○○企業に勤めている
  • 業界では超大物!

 

まず、こういったアピールだけしかしていない人が販売する
情報商材や高額塾には気をつけましょう。

 

こういった連中は、稼げるノウハウを教えることよりも、
自分がどれだけ優雅に暮らしているか、どんな凄い経歴を持っている、
といったばかりを打ち出してきます。

 

正直、そんなことばかりを話されても、
こっちとしては「知らんがな」の一言です。

 

なぜ、こういった連中は金と経歴ばかりアピールしていくかというと、
”中身がない”からとしか言いようがありませんね。

 

つまり、本当に稼げるノウハウがあるのであれば、
それを話していけば良いだけなのに、
そういったノウハウがないからこそ、
金持ちや経歴でしかアピールができないと言うことです。

 

具体的なノウハウだけを話したら、
誰も寄り付かなくなるからこそ、
金や経歴のアピールが激しい。

 

で、もっと最悪なパターンは、
金持ちと経歴が嘘であったりもしますね。

 

実際に稼いだ実績画像などはいくらも偽造ができます。
経歴だって言ったモノ勝ちで、本当の事なんて分かりません。

 

というか、ほとんど嘘だったりします(笑)

 

「総資産30億あります」

 

と主張している人の会社の現住所を
グーグルマップで調べたりすると、
ただの普通のマンションだったり。

 

数十億持ってて、マンションの一室の事務所とか、
不自然極まりないですよね。

 

少し、疑いをかけて調べたりなんかすると、
言行不一致的なモノがたくさん出てきます。

 

まあそもそもその話で言うと、
大事なのは”本当に稼げるかどうか”であり、
その指導者が金持ちだったり、経歴が凄かったりとか、
こっちとして相当関係ないですからね。

 

まとめると、
金持ちと経歴だけガンガン押し出してくるような連中は、
現実的に稼げるノウハウがないからこそ、
ブランド力でしか人を惹きつけられないということ。

 

そういったブランド力を見せ付けると、中には、

「なんかこの人めっちゃ金持ちで凄そうだから、稼がせてくれるかも」

と思う人が出てきて、詐欺に合われたりもする現実があります。

 

なので、基本的に、ブランドばっか見せ付けてくる連中には、
疑いを持っていくのが一番良いですね。

 

イチローが金持ち生活をアピールしますか?
宇多田ヒカルが自分で経歴をアピールしますか?

 

しませんね。

 

基本的に、本当に実力と実績がある人間は、
自分のやることを明確にもっていて、
そんなことをする暇など持たないんです。

 

まあ中には、承認欲求を渇望して、
自分をアピールする金持ちもいるかもしれませんが(笑)

 

要するには、金持ち、経歴だけをアピールするブランド人間には、
あまりまともな人間はいないと思います。

 

そういった人たちの情報に踊らされないように、
是が非でもお気をつけてくださいね。

 

ネットビジネスは嘘ばかり?楽に稼げる系

ネットビジネスでよく見かけるのが、

  • 一日1クリックで100万円
  • 一日5分の作業で月収300万円
  • 何もしないで不労所得ができる

的なモノですね。

 

要は、ネットビジネスの世界では、

”ほとんど何もしなくても誰でも稼げてしまう”

というような非現実的なコトをいっている連中がおります。

 

しかも、こういった連中はどんな初心者からでも、
知識、経験、スキル一切不要で始められると主張するんです。

 

結論から言うと、このように言っている人たちの発言は、
99.99999%嘘と言えます。

 

普通に考えて、ビジネスでお金が発生するということは、
誰かが何かに対してお金を払ってるんですね。

 

つまり、こういった連中のいうことが本当だとしたら、
何も知らない初心者が1クリックするだけで、
誰かが100万円払っているという構図になります。

 

どう考えてもありえわ!!!

 

ということです。

 

基本的には、ビジネスは誰かに価値提供をして、
価値を感じた人がそれに対してお金を払うものとなるので、
何の価値提供もないモノに、お金は発生しません。

 

もし、あなたが簡易性だけで売ってくる人に
魅力を感じてしまった場合、その内容に、

”そもそもビジネスとして成立しているのかどうか”

ということをシンプルに考えてみてください。

 

実際に稼げないようなモノは、
まずビジネスとして成立していませんからね。

 

”楽して稼ぎたい”と思うことは、
万人の願いであり、そういったモノに惹かれてしまうのは、
人としては仕方がないことです。

 

ですが、その気持ちのスキマに入ってきて、
お金を騙し取ってくる輩が大勢いるのは事実であり、
用心をしなければなりません。

 

「何もしないでカンタンに稼げる」

 

と言っている人を見かけた場合、
ほとんどのモノが嘘であるという意識を持っていきましょう。

 

そんなことで稼いでいる人は、未だかつて、
一人だってみたことがありません。

 

ネットビジネスは嘘ばかり?いや、真実もある

これまで書いてきたように、ネットの世界では、
初心者をあらゆる手段で騙し、お金をとっている連中は腐るほどいます。

 

そういった連中がネットの世界を汚しまくった挙句に、

  • ネットビジネスは胡散くさい
  • ネットビジネスは全部嘘
  • ネットビジネスなんてやるもんじゃない

という、イメージと評判が世間に広がりまくってるんです。

 

ですが、ネットビジネスでは本当に稼げる情報もあります。

 

嘘が多すぎるために、本当に稼げる情報ですら、
巻き込み事故を食らって、嘘だと断定されてるんですね。

 

私自身も、ネットビジネスを始める前は、

「ぜったい嘘だな。オツ。」

という風に全体的に信用はしていなかったのですが、
本当に稼げる情報と言うのに出会い、
実際に利益を出すことができました。

 

そういった意味で、私がもっと早く本当に稼げる情報に出会い、
始めていれば稼げでいたのですから、悔やまれる一面もあるでございます。

 

 

では、嘘の稼げない情報と本当に稼げる情報の違いは何か。

 

”ビジネスとして成立しているかどうか”

 

これに尽きます。

 

先程も少し言ったように、嘘の詐欺的な情報は、
金持ちアピールや簡易性だけを打ち出してくるだけで、
そもそもビジネスとして成立するのかどうか、
という肝心なところを隠してるんですね。

 

逆に、本当に稼げるような情報を発信する人は、
しっかりビジネスの内容を説明します。

 

料理で例えるなら、嘘の詐欺的な情報は、

「このマシーンさえ買えば、勝手にカレーができますよ」

みたいなイメージです。

 

本当に稼げる情報は、

  • 具材の説明、切り方
  • 煮込み方
  • ルーを入れるタイミング

と、あくまで一例ですが、
しっかりと相手が理解できる情報と仕組みを
説明するモノと言えますね。

 

なので、あなたがもしネットビジネスの情報に対して、
嘘なのか本当なのか分からない場合は、
”しっかりとビジネスの内容が理解できるかどうか”
ということを意識してみるのが良いです。

 

 

ネットビジネスは嘘ばかり?大事なのは嘘を見抜く力。まとめ

確かに、ネットビジネスは嘘の情報が存在しているのは事実です。
ですが、本当に稼げる情報と言うのも確実に存在しています。

 

なので、大事になってくるのは、

”嘘と本当を見抜ける力”

なんですね。

 

この力を身につけずにネットビジネスで
稼げる情報ばかり探していては、

いつ詐欺に合うか分かりませんし、
いつまでも稼げる情報にたどり着かずに
終わってしまいます。

 

是非とも、この記事を参考に、ネットビジネスでの
”嘘と本当の見分け方”を実用してみてください。

 

ネットビジネスの世界では、
人を騙すふざけた連中が未だに幅をきかせまくってますから、
そんな連中に一泡吹かせてやり、本当の情報で実際に稼いでやりましょう。

 

ではでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

カテゴリー
コラム

個人の力で稼ぐ時代。あなたの将来は大丈夫?

こんにちは。じゅんです。

 

先日、バンドのサポートでライブをしてきました。

 

いやはや、何回やってもライブの緊張感、開放感の楽しさは消えませんね。
新しい人との出会いも毎回あるし、楽しかったー。

 

 

さて、今回ですが、

”個人で稼ぐ時代。あなたの将来は大丈夫?”

について記事を書いていこうと思います。

 

ここ数年で、個人ブロガー、Youtuberなど、
個人で大金を稼ぐ人が一気に増えましたね。

 

十数年前では考えられなかったことです。

 

 

当時の私は、ネットで稼ぎまくる連中を見て、

 

「まじかよ!そんなことがお金になるんかえ!!」

 

と、お金を稼ぐことに対して
就職して仕事をやるイメージしかなかったので
アンビリーバボーしまくってました。

 

そんで、そのアンビリーバボーからしばらく経ち、
私は個人で稼ぐことに興味を持ち、実践をし、
現在はブログで収益を出せるとこまでできます。

 

 

ですがまあ、そんな社会の現状の中、私としては、

「サラリーマンはオワコンなので、さっさと個人で稼いでしまいましょう」

と、個人で稼ぐことをごり押ししたいわけはありません。

 

サラリーマンとして、満足をしていれば、
それはそれで良いと思っています。

 

ですが、個人で稼ぐということは、多くの人々の憧れでもありますし、
実際にすごく楽しいこともたくさんあるので、

 

あなたが、「個人で稼いでみたい!」
と思う気持ちがあるのであれば、
この記事は参考になるかと思うんです。

 

個人で稼ぐと言うことは、サラリーマンをやっていても、
ニートでもギャンブラーでもなんでもかんでも子猫でも、
めちゃくちゃメリットがあります。

 

というわけで、今の社会で個人で稼ぐ人が増えた理由、
個人で稼ぐメリットを紹介していこうと思いまっす!

 

 

個人の力で稼ぐ時代と言われるのは、サラリーマンの将来性が理由の一つ

 

さきほどにも言ったように、
サラリーマンとして働くことは何も悪いとは思いません。

 

今の職場で充実感を得ているのであれば、
めちゃくちゃ最高だと思います。

 

ただ、個人で稼ぐことが増えている人、推奨する意見が多いのは、
”サラリーマンの給与が減っている”
ことに対する、将来性を見越しての不安が根源にあるんです。

 

事実、ここ十数年で、サラリーマンの年収ってやつは確実に下がってきています。

(引用元:https://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm)

 

画像は平成26年と、少し古いモノになりますが、
平成21年の最も低い年収、406万円から比べ、
その後は少し伸びてはいるものの、全体で見ればやっぱ下がってますね。

 

平成7年から見ても、平成26年では、
サラリーマンの年収は42万も下がってるんです。

 

日本のサラリーマン年収がどんどん減少していってるのには、
いくつか理由がありますが、最も大きい理由としては、

”企業の生産性を上げるために人件費を削減した”

ことが言われています。

 

カンタンに言うと、日本はバブル崩壊後、
多くの人件費を企業の生産費にあてるようなりました。

 

また、企業は非雇用社員(アルバイト、派遣)が働ける幅を増やし、
わざわざ高い給与を払ってまで社員を雇う必要がなくなったんですね。

 

このような理由から、日本の賃金は数十年間、
上がる傾向もなく、むしろ下落しております。

 

ううむ。世知辛いものですじゃ。

 

そして、こんな状態から数十年、日本の賃金の増加は全く見られず、
むしろ下がりつづけている現状に、

「今後もサラリーマンの給与は下がり続けていくだろう」

と予想し、サラリーマンに対して、明るい将来を望めない意見が多いんです。

 

 

他にも、日本の国内企業というのは、ここ7年間は数字は良くなっているモノの、
それでも、63.5%が赤字経営となっています。

 

つまり、サラリーマンの2人に1人以上は、
赤字経営の会社で働いていることになり、
いつ倒産してもおかしくない会社の中仕事をしていることになります。

 

こんな風に現状を知っていくと、

サラリーマン=安定

という方程式がいかに成立していないかが分かるんです。

 

それで最近では、

「個人で稼いだほうがむしろ良くね?」

と考える人が多くなりました。

 

 

まあ、私自身も過去にサラリーマンとして働いていて、
仕事の要領が地獄レベルに悪く、クビにされてしまったのですが、

 

再就職して、ボランティア級の安い年収で生き続けるのと、
この世の生き地獄の満員電車に乗るくらいなら、
個人で稼いだほうが良いなと思って、
インターネットで稼ぐことにしました。

 

個人で稼ぐようになると何が良いかって、
自分の頭で考えるようになることですね。

 

雇われて働いていたら、そこまで個人に責任がのしかからないし、
指示通りにだけ動いていても、給料は貰えますからね。

(私の場合、クビにされましたが、
会社の経営状況が大分悪いのもありました)

 

だけど、個人で稼ぐようになると、マジで自分で考えるようになるし、
学びを得ることが多くなるし、充実感がすごいです。

 

結局何が言いたいかと言うと、
個人で稼ぐ時代と言われているのは、
サラリーマンの将来性があまり期待されていないからです。

 

加えて、個人で稼ぐの大変そうってイメージもあるけど、
意外と稼げる正しい知識さえ身につけてしまえば、稼げてしまうもので、
充実感もすごくて、私自身は今のほうが楽しいです。

 

個人の力で稼ぐ時代の裏では、ワーキングプアの人口が3000万人

ヒカキンとか、はじめしゃちょーとか、Youtubeで年収億単位を稼ぐ個人が
増えている裏では、日本にはワーキングプアの人口が3000万人もいます。

 

ワーキングプアとは、仕事はあって働いてはいるのですが、
年収の手取りが200万円以下の人を指します。

 

「3000万人!?ホワッツアップ!」

 

と思いました。

 

要は、ワーキングプアの人は、朝から晩まで週5日で働いても、
手取りが15万円くらいしか貰えず、ギリギリの生活を強いられているわけです。

 

しかも、なんと日本はこのワーキングプアの人が
年々増加してきているという激しく厳しい現状が続いています。

 

政府は、できるだけ貧困の格差をなくそうと対策をとろうとは
していますが、全然改善が見られず、むしろワーキングプアは増え続けているんです。

 

このワーキングプアの増加は、先程にも少し書いた、
企業の人件費削減、非雇用社員の増加、
などがすごい影響しています。

 

そうです。日本は貧困の格差がどんどん開いてきているんです。

 

有名Youtuberや、ネットビジネスなどで個人で大金を稼いでいる人もいるのに、
めっちゃ働きまくっても高いお金を稼げていない人が多くいます。

 

私もサラリーマン時代は、ワーキングプアまでとはいきませんが、
ワーキングプア予備軍くらいの年収でしたね。

 

”日本には年収200万円以下のワーキングプアが3000万人”

 

このような現状、しかもその割合が年々増加していることで、
雇われて働くということに対して、明るい未来が望めないのもあり、
「個人で稼いだ方が効率良いんじゃね?」
と思う人が増えているのが事実ですね。

 

個人の力で稼ぐ時代。個人で稼ぐメリットは収入に限りがない

 

ここから、個人で稼ぐメリットについてお話をしていこうと思います。

 

サラリーマンやアルバイト、派遣などで働いた場合、
いくら働いても、収入には上限があるんですが、
個人の場合はその上限がありません。

 

まあ、サラリーマンでも不動産営業などは歩合制だったりもあるので、
その場合上限はありませんが、それでも全部が自分のお金にはなりませんし、
家を売るというのは顧客にとって一生モノの買い物なので、なかなか至難の業でもありますね。

 

で、企業に雇われている場合、大企業であっても
給料を上げるのには時間が掛かって、数年勤めても
数千円、良くても1、2万円くらいが相場ですかね。

 

逆に、個人で稼ぐ場合、収入が固定給ではないので、
やったらやった分だけ自分のお金になります。

 

つまり、個人で稼ぐ場合、
自分の収入に上限がありません。

 

これが個人で稼ぐ最強ポイントの一つです。

 

例えば、メジャーデビューしたミュージシャンであれば、
事務所と契約、レコード会社との契約があり、
お金が入っても手元に入ってくるお金は結構さっぴかれますが、

 

一方で、事務所にもレコード会社にも契約していない
個人のミュージシャンは、ライブで集客したお金、
CDの売上はすべて自分のモノになります。

 

個人で稼ぐって、めっちゃ極端に言うと、
後者のミュージシャンみたいなもんです。

 

私も、個人としてバンドの活動を続けた過去がありますが、
すべて個人でやっていたので、ライブの売上などは全部自分たちのモノでした。

 

その売り上げたお金は、来てくれたお客さんとの打ち上げ代に回し、
毎回ほとんど使い切ってしまっていましたが。

(今思えば、我々結構良いことしてたな笑)

 

要は、あなたがもし個人で稼ぐのであれば、
会社に雇用されているのとはわけが違い、
収入を誰かに決められることもなく、
自分がやったらやった分だけの成果報酬を手に入れられるわけです。

 

 

今は個人で稼ぐことがカンタンになった時代

 

一昔前は、個人で稼ぐことはそうカンタンではありませんでした。

 

世間的に有名になるのであれば、テレビや雑誌にでなければ
みんなに認知されることはなかったし、

 

自分のやっているビジネスなんかも、
高い広告費や宣伝費を払うことでしか、
世間に広めることができなかったんですよね。

 

しかーし!!!

 

ですよ。

 

今はどんな人間でも自分を売り込んでいける、
”インターネット”という最強のツールがあります。

 

インターネットの何が凄いかって、
どんな人間でも自分をアピールすることができることです。

 

しかもほとんど無料で。

 

つまり、インターネットが存在しなかった時代は、
テレビや雑誌でしか知名度を売ることができなかったのに対し、
インターネットでは、ブログ、SNS、Youtubeなど様々な媒体で、
自分を売り込むことができまくるんですね。

 

しかも、宣伝にかけるお金もほぼ無料でできます。

 

このように、個人が情報を出していくことが、
インターネットによって、一昔前よりめっちゃカンタンになったわけです。

 

そういった意味で、”個人で稼ぐ”ということが
マジで現実的になり、実際にネットを使って
稼ぎまくっている猛者たちがワンサカいます。

 

もちろん、個人で稼ぐのが一昔よりカンタンになったと言えど、
初心者が「何もせず楽に稼ぐ」というのは無理です。

 

よくインターネット上では、

「1日1クリックで月収100万円!」

とアホみたいなことを謳ってる業者がいますが、
このようなモノは大抵詐欺となります。

 

こういった詐欺案件が出回っているせいで、
多くの人がインターネットビジネスに対して、
稼げる魔法のようなモノがあると思ってしまうんですが、

 

1クリックで月収100万円も稼げるなら、
とっくに全国民がやっています。

 

むしろ、その話が本当なら、
そんな美味しい話他人に教えるわけがありません。

 

何が言いたいかと言うと、今の時代は、
インターネットの普及により、個人が活躍できる場が増えて、
一昔前より、圧倒的に個人が稼ぎやすくなったんですが、

 

個人で稼ぐことがカンタンになったからと言って、
超楽々稼げるといったことには繋がらないので、
その点については勘違いをせずにいてください。

 

まあ、私からしたら、個人で稼ぎやすくなったと言うだけでも、
魔法のような時代だとは思いますがね。

 

あなたが個人で稼ぐなら、ネットビジネスが鉄板

 

今の時代、インターネットにより個人を売り込む場が圧倒的に増えました。

 

現実的に、インターネットで月収数千万、数億円と稼いでいるのは、
大勢存在し、今でも稼ぎ続けているのです。

 

逆に、インターネットがなければ、ヒカキンもはじめしゃちょーも
恐らく有名になることはなかったでしょう。

 

めっちゃ稼いでいる個人ブロガーやアフィリエイターでさえも、
インターネットがなければ個人で1円も稼げなかったかもしれません。

 

このように、インターネットはマジで時代を変えましたね。

 

で、あなたが個人で稼ぎたいとなれば、
インターネットビジネスを強くおススメします。

 

なぜなら、ネットビジネスは、
コストがほとんど掛からずに莫大な利益を得られる可能性を
存分に秘めているからです。

 

ブログを立ち上げるのだって、月数千円だし、
SNS、Youtubeに至っては無料で始められます。

 

ほぼリスクなく始められて、めちゃくちゃ稼げるとか、
正直これってヤバイことですよ。

 

私からすれば、なんで世間はもっとネットビジネスの可能性に
目を向けていかないんだろう?と不思議に思います。

(まあ、ネットで人を騙す詐欺師たちのせいで、
ネットビジネス自体が悪いイメージを持たれてしまっている
事実もありますが)

 

ここで、ビジネスをする上で、リスクがない最強説をもっと
解き明かしてみましょう。

 

例えば、サラリーマンが脱サラして、
ラーメン屋を経営していこうという流れがよくありますが、

 

その場合、お店を出店する際にかかる費用、
そこからプラスして、家賃、材料と在庫という固定費が
毎月かかってしまいます。

 

要は、ラーメン屋をする場合、
始めるだけでスデに赤字で、たくさんのリスクを背負ってるんです。

 

そして、お客がこなければ、ラーメンが売れなければ!
と、お店の売上がコケた場合、固定費だけでどんどん赤字となっていきます。

 

一方で、ネットビジネスの場合は、
ブログ運営でも月数千円、SNSやYoutubeなら無料です。

 

そこでどんなにコケようが、大きいマイナスなんてありえません。
しかも、リスクがない分、何をどれだけ試しても問題なく、
試行回数も無限に増やしていくことができます。

 

つまり、ネットビジネスは、固定費がほぼかからずに、
色々なラーメンを出しまくって運営できるということです。

 

普通のラーメン屋なら、鬼クソ不味いラーメンを出したら、
完全に終幕に追い込まれますが、ネットビジネスであれば、
クソみたいな記事を出しても、アホみたいな動画を出しても、
金銭的にマイナスになることなんてありません。

 

これは正直、ネットビジネスの神がかった事実です。

 

どんなビジネス初心者からでも、ネットビジネスはリスクなく始めることができ、
しかも、正しい知識を得て実践をしていけば誰でも稼げます。

 

なので、あなたが現在の収入に満足していなかったり、
今の仕事に多くの不満があったりで、
個人で稼ぐ力をつけたいのであれば、おススメできるのはネットビジネスです。

 

ここまで話して、

「けど、ネットビジネスは今の仕事があるから無理だな」

と思われたかもしれませんが、
ネットビジネスは副業からでも始めることができます。

 

1日1、2時間でも確保できれば、十分に利益を出せるのです。
(その方法については、後述します)

 

 

個人の力で稼ぐ時代。あなたの将来は大丈夫?まとめ

ここまで書いてきたように、個人の力で稼ぐ時代と言われる背景には、
サラリーマンの将来に明るい未来が見えない点と、
企業で働いていても、年収200万円以下のワーキングプアが
年々増加してきている点にあります。

 

企業に勤めていても、明るい未来が見えない中、

「んじゃ個人で稼げた方が良くね?」

と思い、個人で大金を稼ぐ人が今の時代増えました。

 

また、個人で稼ぐことにはたくさんのメリットがあり、
収入が青天井で、自分が成果を出した分だけ収入を叩きあげることができます。

 

それに加えて、個人で稼ぎを出したいという方に
最もおススメするのがネットビジネスです。

 

ネットビジネスは、どれだけ失敗をしようが赤字にもならず、
正しい知識で実践すれば、誰にでも稼げるチャンスがありまくります。

 

私自身、ネットビジネスを始めた当初は、

「こんなんで稼げるのか、、、?」

と疑心暗鬼の鬼と化していましたが、
ある朝起きて、報酬画面を見たら、利益が入っていて、

 

「夢か!?これは夢なのか!いや、夢なのか!???」

 

と、テンパりまくったあげく、歓喜のおたけびをあげましたね。

 

実際、私は会社をクビになるくらい要領の悪い人間であって、
そんなアホ人間が正しい知識の元で実践しただけです。

 

そんなアホ人間の私がネットビジネスで稼げたわけなので、
あなたにもできないわけがありません。

 

で、ここまで私がネットビジネスをおススメしていると、

「いや、おススメなのは分かったから稼げるネットビジネスってなんだよ!」

と思われますよね。

 

私が現在やっている無料メール講座では、
ネットビジネスの完全0の初心者からでも始めることができ、
実際に稼ぐことができる手法を解説しています。

 

もし、あなたが「個人の力で稼ぎたい」という思いがあるのであれば、
うってつけの情報だと思うので、興味があればメール講座に参加してみてください。

 

もちろん、私が配信しているネットビジネスの稼ぎ方は、
今の仕事と掛け持ちをしながら、副業からでもはじめられます。

 

⇒無料メール講座はこちらから参加できます。

※今なら限定で、メール講座参加者にネットビジネスで稼ぐための
 有料級の情報をまとめたPDFを無料でプレゼントしています。

 

 

最後になりますが、私は最初にも言ったように、アンチサラリーマンではありませんから、
サラリーマンとして働き、充実していれば全然良いと思います。

 

ですが仮に、今のサラリーマン生活への不安や悩みを多く抱えているのであれば、
個人で稼げる能力をつけたらもっとみんな楽しくなるんじゃないかな?
とも思ってるんです。

 

メール講座は結構面白い内容を配信していると思うんで、
あなたの手助けになればと思っています。

 

以上、

個人で稼ぐ時代。あなたの将来は大丈夫?

というお題の記事を書いてきました。

 

あなたの将来が明るくバラ色になることをささやかながら願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

カテゴリー
ネットビジネス

アフィリエイトはオワコンで衰退?知らないと危険な事実

こんにちは。じゅんです。

 

「なんか知らんけどアフィリエイトでめっちゃ稼いでいるやつがいる!」

 

インターネットでそんな印象を受けてから早数年が経って、現在では、

  • アフィリエイトはオワコン
  • アフィリエイトは衰退
  • アフィリエイトはもう稼げない

という否定的な意見が多く見られますね。

 

まぁ、世の中は流行ったモノに対しては、
何にでもオワコン説を流したがる輩が多いので、
流行ったモノがオワコン呼ばわれされるのは
ある意味、自然の摂理ではありますね。

 

では、本当のところ、

アフィリエイトはオワコンなのか?

についてですが、

 

それは半分正解で半分間違いです。

 

私としては、適当な発言で、

「アフィリエイトは全然オワコンじゃない!クソ稼げますよ!」

と言うメリットだけをごり押ししたことを言うわけでもなく、

 

「アフィリエイトはオワコン!とっとと辞めちまおう!」

と、真っ向から否定するのではなく、

しっかりとアフィリエイトにおいての時代の流れと現状と意識して
記事を書いていこうと思うので、参考になると思います。

 

アフィリエイトについて理解を深めたい方には、
とても良い記事なので、ちょっと読んでみてください!

 

アフィリエイトがオワコンと言われる理由の一つは大手企業の参入

一昔前は、個人のアフィリエイターが鬼のように稼いでいた時代もあったのですが、
最近では、大手企業がアフィリエイトの旨味を知って、大手の参入が増えています。

 

これの何がキツイかって、大手はSEOがとんでもなく強いわけですよ。

 

つまり、個人のブログより、
大手企業のサイトの方が検索結果の上位を余裕でとれるわけして、

 

少し前までは、個人のアフィリエイターが稼げたジャンル、

  • 健康、医学
  • 美容、ファッション
  • クレジットカード系

ここらへんはもう大手が牛耳っておるわけです。

 

例えるなら、一昔前はでっかいアンパン(アフィリエイト商品)
をたくさんのアリ(個人のアフィリエイター)で
分け合って食べていたのを、今ではでっかい鷹(大手企業)が飛んできて、
思いっきりアンパンをかっさらっていかれたと言っても過言ではありません。

 

畜生、畜生ですよ。

 

我々のアンパンを、畜生!!!

 

と、嘆きたい気持ちは私だけではないはずです。

 

悲しいかな、これが現状であり、
個人ブログは大手サイトに真っ向勝負を挑んでも、
勝てる見込みはほぼありません。

 

酒屋はイオンなどの大手スーパーには勝てません。

タバコ屋はセブンイレブンに勝てません。

 

なぜなら、大手企業はブランド力も強く、信用があるからです。
ブランド力という凄みがあると、心理的にも人はそっちに群がってしまうのです。

 

まずは、アフィリエイトがオワコン化と謳われている現状において、
大手企業の参入により、個人のアフィリエイターが稼ぎにくくなった
ということは真実であり、それを頭に入れておいてください。

 

じゃあ、個人のアフィリエイトはオワコンですか?

先程も例えたように、

個人アフィリエイターはアリ。

大手企業は鷹(タカ)。

としましょう。

 

アリがみんなで食べていたでっかいアンパンを鷲に持ってかれた時、

「おい!鷹よ!それは俺らのパンだ!」

「よし、こうなったらいざ尋常に勝負!」

と、真っ向勝負を挑んだとします。

 

多分、鷲が羽ばたいただけで、アリは吹っ飛ばされますよね。

そもそも、アリの存在すら気付かないで吹っ飛ばしてどっかいくかもしれません。

 

そう、これが個人のアフィリエイターと大手のサイトの差です。
悲しいし悔しいけど、そこをまず認めなければいけません。

 

では、どうすればいいか?なんですが、
大手企業と真っ向勝負するのではなく、
スキマを見つけて勝負するべきなんですね。

 

どういうことかというと、大手企業にかっさらわれた
アフィリエイトの商品というのは、

  • 健康、医学
  • 美容、ファッション
  • クレジットカード系

ざっくりいうと、このあたりなんですが、
アフィリエイトできる商品というのはこれ以外にもまだまだあるのです。

 

例えば、情報商材アフィリエイトであれば、
大手はまだ参入していなく、利益率も80%以上と、
アフィリエイトとしてまだまだ旨味があったりします。

 

他にも、クリック型報酬のトレンドアフィリエイトだったら、
新しく生まれる流行のキーワードをネタに記事を書くため、
大手だろうが個人だろうが関係なく上位表示が狙えるし、

 

Youtubeであっても、大手が占領している傾向はほぼなく、
ほとんどが個人で名前を売って稼いでいるんです。

 

このように、

  • 健康、医学
  • 美容、ファッション
  • クレジットカード系

というジャンルが個人で稼ぎずらくなってきたとしても、
まだまだ個人が稼げるスキマというのは多くあります。

 

世の中の食べ物は、アンパンだけではないのです。

 

アフィリエイトのオワコンを避けるなら、ブログだけに固執しない

一昔前では、ブログだけでも十分に稼ぐことができ、
ブログだけで月収数百~数千万と、
目ん玉が吹っ飛ぶくらいの額を稼ぎ出すアフィリエイターは多くいました。

 

まあ、これに関しては今現在でも
それくらい稼げている人もいるのですが、
一昔前に比べれば、ブログだけでは稼ぎずらくなってきています。

 

なぜかって、先程も話したように、
大手はSEOがハチャメチャに強いからです。

 

グーグルはここ数年に何度かアップデートをしてきていますが、
年々確実に、大手のサイトを上位表示させる傾向にあります。

 

まあ、これは確かに、個人のよく分からないブログより、
大手のサイトのデザインがカッコ良く、信用もあり、
プロのライターを雇ったりして綺麗な記事を書いてるので、

 

私がグーグルでも大手のサイトを上位表示しますよ。

 

ですが!!!

 

これはあくまでSEOだけの話なのです。

 

つまり、集客を集めるのには、SEOだけ、
言い換えればブログだけに固執する必要はありません。

 

集客の入り口はブログだけではなく、
SNS、Youtube、広告と言った媒体でもできるのです。

 

やはり、稼いでいる個人のブロガーは、
SEOだけでは厳しいという現状を既に把握していて、
他の媒体での集客を始めている人は多いと言えます。

 

結局、私が言いたいことは、

”過去の栄光に執着してはいけない”

ということです。

 

例えば、おデブでお酒ばっか飲んで、ギャンブルばっかしていて、
努力もしない魅力も金もないおっさんが、

「昔の俺はキムタク似で超絶モテモテだったぜ」

と話をしたところで、何一つ現状は変わりません。
まあ、むしろこの場合は、後退していますが。

 

アフィリエイトも同じで、

「昔は稼げていたのになー」

と議論したところで何も変わらないのです。

 

おデブのおっさんも、個人のアフィリエイターも、
過去の栄光をウジウジ嘆くのではなく、

”今どうすれば良いのか?”

を考えなければいけません。

 

要は、時代は変わり続けているわけなので、
変わり続けている中で柔軟に自分も変化して、
今の時代に合ったやり方を見出していくことです。

 

となれば、

「SEOはもう大手の時代だ、俺らはオワコンのようだな」

ではなく、

じゃあこの現状でどうすれば自分らは稼いでいけるのか?
を考えることが必要で、それがまた楽しかったりします。

 

そう考えることで、集客の入り口は、
SEOのブログだけではなく、他にもまだまだチャンスがあるという
可能性を見出せることができるのです。

 

必ずしも大手サイトが強いわけではない

で、意外と誤解されがちなんですが、
実は大手のサイトのセールス力と言うのは、
必ずしも強いモノではありません。

 

確かに、大手サイトがアフィリエイトで商品を売る際、
プロのライターなどを雇って、綺麗で凄みのある文章を
欠かせてるわけなのですが、

 

そういったライター達は、文章を書くのが上手くとも、
実のところ、セールス力を持っていなかったりします。

 

つまり、

”上手い文章を書くスキルと人にモノを買ってもらうスキル”

というのは全くもって別モノなのです。

 

言うならば、不良グループの中にいる一人のヤツに、
「あいつ不良グループにいるし相当ヤバそう」
と意識して恐がっていたのに、

 

案外フタを空けたら、大したこともなく、
そいつ自体は以外と結構ビビりなやつだった。

 

みたいな感じでしょうか。

 

要は、大手サイトだからと言って、
何から何まで凄いわけではないのです。

 

確かに、大手はSEOは強いですが、
セールス力をしっかり身につけて記事を書けば、
実は全然勝てない勝負ではありません。

 

そう考えれば、個人のアフィリエイターがSEOだけではなく、
集客の幅をSNS、Youtube、広告を打つでも広げていき、
そこで圧倒的なセールス力を出せれば、十分に大手に匹敵できるのです。

 

 

あなたの恋敵が、
イケメンや美女であったとしましょう。
恋を諦めますか?

 

私から言わせれば、NOです。

ノーノノーノーです。

 

なぜなら、どんなイケメンでも美女でも、
全知全能など存在しません。

 

どれだけ凄そうに見えるモノでも、
絶対に完璧なんてことはなく、
それ以外の戦略でいくらでも太刀打ちできます。

イケメンや美女にはない魅力を見出し、
そこで勝負に出ればいいだけです。

 

大手サイトも、凄そうに見えて全知全能ではありません。

 

大手にはないやり口、集客法、セールス力で、
個人でも勝てる勝負に持っていけばいいだけです。

 

もちろん、そのためには知識をつける必要がありますが、
大変そうに見えて、一度知識をつけてしまえば、
その知識は長い間稼いでいける力に変わります。

 

なので、声を大にしていいましょう。

 

個人のアフィリエイトはオワコンではない

 

とな!!!

 

 

アフィリエイトはオワコンと言われるが、昔は稼げたのは勘違い

確かに、昔のアフィリエイターはしょーもない文章でも、1記事に1000文字でも、
SEOで上位表示をとれて、カンタンにアフィリエイトで稼げたと言います。

 

つまり、セールス力、ライティング力もない連中が、
ガンガン稼いでいたわけです。

 

しかし!

 

そもそも、それはインターネットで商品を売るといったことが、
斬新な時代であり、弱者でも先行利益を得れていただけで、

長い目でみれば1000文字足らずの誰にでも書けるような記事で
商品を売っていくことなんてできません。

 

恐らく、運だけで稼いでいたアフィリエイターの多くは、
今現在ほぼ稼げていないでしょう。

 

なぜなら、ビジネスは運だけじゃ長続きはしないので、
アフィリエイトであれば、セールス力、ライティング力、
といった普遍的なスキルが必要だからです。

 

そういう意味では、

「昔のアフィリエイトは楽勝で稼げたのになー」

と嘆く意見は、言わば勘違いと言えます。

 

今も昔も、ビジネスの世界は知識もつけずに適当に稼いでいた連中は、
遅かれ早かれ奈落の底に落ちてしまうのがセオリーなのです。

 

逆に、しっかりと実力があり、知識もあり、

”どうやったらモノが売れるか?”

という根本を理解しているアフィリエイターは、
今でもガンガン稼ぐことができています。

(もちろん、先程も言ったように、集客の幅をSEOだけじゃなく
広げている人が多いですがね)

 

 

恋愛でもそうですね。

 

若い頃は、オラオラしてて根拠のない自信を持ってるような不良が
モテたりしますよね。

 

んで、その元不良が、

「昔はモテてたのになー」

と思うことがあったとして、

 

それも勘違いです。

 

学生時代なんていうのは、経済的な面でも差がほとんどなく、
人それぞれの実力の差が分かりずらいので、
”悪いやつ”が実力があるように見えるだけで、

 

本当にモテる人は、親切で誠実性の高い人と言えます。
そのような人は、ずっとモテるんです。

 

「昔はモテてた」と言う人は、環境と運に恵まれていただけで、
一過性だけでモテてただけで言えます。

 

そういう意味では、アフィリエイトも全く同じです。

 

昔はSEOもカンタンで、素人が記事を書いても、
カンタンにモノが売れましたが、それも一過性に過ぎませんでした。

 

時代が変わっても、普遍的なセールス力とライティング力を
持っている人は今でも稼ぎ続けています。

 

 

  • 学生時代の1、2年間でモテて、大人になったらモテない。
  • SEOがカンタンな時代だけは稼げて、その後は稼げない。

 

少なくとも、私はそんな一過性の利益だけを求めて、
その後何にもできなくなるような未来はまっぴらごめんです。

 

それだったら、

 

  • 学生自体はモテなくても、勉強をして知識をつけて、
    誠実性を養って大人になって異性からモテる魅力的な男性になる。
  • アフィリエイトで始めの半年~1年は稼げなくとも、
    普遍的な知識を学び、その後ずっと稼ぎつづけられる。

 

ぜったいこっちが良いです。

 

絶対ぜったいぜ~~~~~~ったい!!!に!
こっちのほうがいいです。

 

 

というわけで、

「昔は稼げていた」

という意見は、言い方を変えれば、

「実力ない人でも稼ぐことができていた」

だけであって、

 

厳しい言い方をすれば、
稼ぐべきではない人が稼いでいただけです。

 

そういう意味で、
「昔はモテた」とか「稼げていた」と嘆く人は、
運と環境に恵まれていただけの勘違いと言えます。

 

モテる人や稼げる人は環境が変わっても結果が出せるのです。

 

 

結果、アフィリエイトはオワコンではない

 

最初に言った、

「アフィリエイトはオワコン」

という意見に対して、
半分正解で半分間違いと言いました。

 

その意味合いとしては、記事を適当に書いて
知識もつけずに楽に稼いでいたアフィリエイターは
現状として、オワコンに向かっているということであり、

 

しっかりと現状を把握し、SEOだけに依存せず、
セールスの知識を持っているアフィリエイターは、
これからもガンガン稼ぐことができます。

つまり、アフィリエイトを適当にやってる弱者はオワコンに向かい、
知識をつけてる誠実性の高い人は全くオワコンではありません。

 

というか、それがビジネスの本来あるべき姿ですからね。

 

だって、車を買おうと思って車屋に行ったときに、
知識も何もない販売員が、

「これ超人気っす!最高の商品っす!」

とだけ、ごり押しされても、
そんな人からモノを買いたくありませんよね。

 

それよりも、車の性能とか詳しくて、
その車のメリットとかを説明できて、
買い手のニーズも理解した上で
商品を進めてくる販売員から買いたいです。

 

そういう意味で、アフィリエイトも全く同じで、
適当な売り込みだけしている人がネット上に
蔓延しても世の中にとっても良くありません。

これを読んでいるあなたも是非、
長期的に生き残れるアフィリエイターを目指してください。

 

また、もしあなたが、

「アフィリエイト自体やったこともない」

という初心者であったら、
トレンドアフィリエイトってやつから始めるのがおススメです。

 

モノを売る系のアフィリエイトは、
ライティングもほとんどしたことがない人が
いきなり始めると、成果が出るまでに少し時間が掛かります。

 

ですが、トレンドアフィリエイトはライティング力が
なくても稼げることができますし、
稼ぎながらそれらを鍛えることもできます。

 

トレンドアフィリエイトから稼いで、ネットビジネスの基礎を学び、
その普遍的な力を得てから、モノを売るアフィリエイトで成果を伸ばす。

 

この流れこそ、私がアフィリエイト初心者に
最もおススメするモノです。

 

私がトレンドアフィリエイトでおススメしている教材の記事があるので、
良かったら参考にしてみてください。

 

⇒トレンドアフィリエイトおススメ教材「下克上∞」

 

 

また、私の無料メール講座でも、
自分のストーリーを含めたビジネスの具体性、
トレンドアフィリエイトの仕組みを深堀して
説明してたりするので、タメになるかと思います。

 

今なら、限定でメール講座参加者に、
ネットビジネスで稼ぐための有料級の情報を
PDFでプレゼントしてるのでそちらも読んでみてくださいね。

 

⇒無料メール講座はこちらから

 

 

以上、

アフィリエイトはオワコンで衰退?知らないと危険な事実

について、記事を書きました。

 

実際、アフィリエイトはオワコンというより、
本来あるビジネスの形に整っただけなのです。

 

遅かれ早かれ、適当なセールスをする人間は、
稼げなくなるのは当たり前と言えます。

 

なので、これを読んでいるあなたは、
いつの時代にもオワコンにならない知識をつけてください。

 

「何をしたら良いのか分からない」

 

と言った場合は、私のメルマガ、他の記事をたくさん読んでみてください。
ネットビジネスというモノが何なのか、少しずつ理解できると思います。

 

そして、アフィリエイトは弱者こそ稼ぎずらくなりましたが、
しっかりと知識をつけ、戦略を選べば、全然オワコンじゃありません。

 

私たち個人のアフィリエイターは、
大手サイトに負けず、やってやりましょうよ。

 

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

カテゴリー
ネットビジネス

ネットビジネスを周りに反対される時の対処法

こんにちは。じゅんです。

 

世間からのネットビジネスのイメージというのは、

  • 「なんだか怪しい」
  • 「詐欺が多い」
  • 「まともなビジネスじゃない」

と、前向きではない意見が多いと思います。

 

なので、あなたが、

「ネットビジネスで稼いでやる!」

と思っても、家族や恋人、友人から
反対意見をされることがあるかもしれません。

 

そもそも、反対する人とは何なのか?についてですが、
結論を言うと、”分からない”から反対するんですね。

 

人は分からないことに対して、恐怖を覚えます。

 

例えば、電車で寝てしまって、
何も分からない駅に着いたら恐いですよね。

 

他にも、マッチングアプリなどで、
写真もプロフィールも何もない異性と会うのも恐いと言えます。

 

つまり、ネットビジネスに対して何も分からない人は、
ネットビジネスに未知なる恐怖を感じているので、

「よく分からないネットビジネスなんかより、ちゃんと就職して仕事をしろ!」

と言うわけです。

 

逆に言えば、ネットビジネスを反対する人が就職を勧めてくるのは、
就職というシステムが分かっているからこそ、
そこに恐怖がなく、安心を感じているからと言えますね。

 

では、早速本題ですが、

「ネットビジネスを周りに反対される時の対処法」

をステップに分けてみました。

 

  • ステップ① 反対されるのは当然と認識する
  • ステップ② 説得をする
  • ステップ③ 期限を決める
  • ステップ④ 副業から始める

 

それでは、一つずつ解説していきましょう。

 

①ネットビジネスを反対されるのは当然と認識する

まず、あなたが周りからネットビジネスを反対されたとき、

「どうしてみんな分かってくれないんだ」

自暴自棄になってしまってはいけません。

 

そうなってしまうのではなく、

「反対されるのは当然」

という前提で考えていく必要があります。

 

なぜなら、先程にも少し言ったように、
反対する人の多くはネットビジネスへの理解度が薄く、
ネットビジネス自体を分かっていないからです。

 

確かに、実際はネットビジネスは真っ当なビジネスであり、
一般的に就職して働くより、大金を稼ぐチャンスは転がっていますが。
それでも世間からのネットビジネスに対するイメージは、

  • なんだか怪しい
  • 真っ当なビジネスではない
  • 凡人がやるビジネスではない

というように、まだまだ否定的であったりします。

 

やはり、ネットビジネスをよく分かっていない人からしたら、
このように否定的になるのは当然なのです。

 

特に、反対する人が両親だったりする場合、
その世代の人たちは、個人で稼ぐという常識がありません。

 

その世代は、

  • 良い会社に就職しろ
  • 企業は危険
  • 嫌な仕事でも汗水たらして働くことに意義がある

という教育をガッツリ受けてきたので、
ただでさえ世間から怪しいイメージがあるネットビジネスなんて
もっての他であり、否定的な意見を持ちます。

 

まあ、これは親に限らず、あなたの周りの友人や恋人含め、
私たち自身、そのような教育を受けてきたので、

あなたがネットビジネスを周りから反対されるのは、
ごくごく自然なことなんです。

 

つまり、あなたがネットビジネスを始めようとする上で、
反対意見を持つ人たちは、

  • ネットビジネスの仕組みが分かっていない
  • 就職してお金を稼ぐのが常識

この2つが特に強いかと思います。

 

ですが、ここで意識していただきたいのは、
ネットビジネスを反対する人は、

あくまであなたの味方であり、
あなたを心配して反対意見を言っているわけですから、

そこに対して、憎しみや嫌悪を抱くのではなく、

 

「どうやったら理解してもらえるか?」

 

と冷静に考えていくことです。

 

なので、まずは大前提として、

”ネットビジネスを周りから反対されることは当たり前”

ということを認識する必要があります。

 

ネットビジネスを反対する相手を説得をする

あなたがネットビジネスをやる上で、
反対する人を説得する必要があります。

 

例えば、あなたの親友がいきなり、

「仕事辞めてハワイで生活する!心配しないで大丈夫!」

と、それだけ言ってハワイに行こうとしたら、

「いやちょっと待ったらんかい!」

となりますよね(笑)

 

もちろん、単純な寂しさでも引き止める理由になりますが、
肝心なのは、その人がハワイに行って何をどうやって生活していくのか?
ということが全く分からないからと言えますよね。

 

仮に、ここで出てくる疑問点は、

  • ハワイで何するの?
  • ハワイで生活できるの?
  • ハワイ暮らしなんて現実的じゃない

的なものだとしましょう。

 

では、親友がこの疑問を一つずつ解消できる理由を述べてきたとして、

 

あなた「ハワイで何するの?」

親友 「元々南国に住むのが夢だった。しかも、ハワイは観光客の数の割りに、
    飲食店、ホテルの数が足りていないんだよ。

    需要の大きさに比べて、供給があまりにも少ないから、
    ハワイは経済的にまだまだ発展できる土地なんだ。

    そこで、ハワイで働いて、英語も覚えながら、
    ゆくゆくは自分で経営をしようかと思ってる。」

    (これはあくまで例えばの話なので、現実との話とは異なります笑)

 

 

あなた「ハワイで生活できるの?」

親友 「ハワイに知り合いの経営者がいる。
    その人のところで働かせもらうことができるから、
    まずはそこで働いて、語学とビジネスを学んでいくつもりだよ」

 

あなた「ハワイで暮らすなんて現実的じゃない」

親友 「パっと聞いたら、そう思うかもしれないけど、
    これまでの話を聞けば現実性があるだろ?

    ビジネスを学べて、英語も学べて、
    ゆくゆくはハワイで独立だって夢じゃない」

 

と、このように、親友があなたの中の疑問を払拭し、
その話に現実性を感じたら、捉え方は変わりますよね。

 

逆に、親友から、

「ハワイ行ってくるわ!おつかれ!またな!」

とだけ言い残されたら、

「どっかに頭でもぶつけたのかこいつ?もう一回頭ぶつけさせて元に戻してやろうか」

と思って引き止めるでしょうが、具体的な話を聞き、
かつ親友が生活していけるという話を聞ければ、

 

「まぁ、寂しくなるけど、やってみるのもアリかもな」

 

という答えもでてくるかもしれません。

 

 

で、ここまでの話であなたに起こった変化と言うのは、
友人がハワイにいく具体性を理解できたということです。

 

つまりは、あなたがネットビジネスをやる上で、全く同じことが言え、
反対する人に理解をしてもらわなければいけません。

 

あなた「ネットビジネスで生計立てるぜ!」

これだけだと、

反対派「アホかよ!現実を見なさい!」

になってしまうのです。

 

なのでそうなると、さっきのハワイの話のように、
反対する人に具体性を話す必要がでてきますね。

 

まず、ネットビジネスを反対する人の持ってる疑問を洗い出してみましょう。

 

例えば、ネットビジネス反対する人の意見で、

  • ネットビジネスなんて現実的じゃない
  • 就職するほうが安定だし、ネットビジネスなんてリスクの高いものはやるな
  • 就職以外で生活するなんて、大変に決まってる

このようなものがあったとしましょう。

 

ここでは一例ですが、私がその反対意見を説得するとしたら、
こう言います。

 

反対派「ネットビジネスなんて現実的じゃない」

  「確かに、外から見たらそう思うかもしれないけど、
    実際にネットビジネスで生計を立てている人は山ほどいる。

    今は昔と時代が変わってきて、インターネットで
    個人が活躍できる場所が圧倒的に増えた。

    しかも、ネットビジネスは初期投資がほぼかからずにスタートできて、
    赤字になることはまずない。

    それでいて、ネットビジネスで稼ぐというのは、
    独自のアイディアで開拓する必要はなく、
    成功する型があって、それを愚直に作業すれば十分に稼げる。

    そんなことは特別なスキルや才能がある人だけだと思うかもしれないけど、
    ネットビジネスで稼ぎまくってる人の大抵は、
    みんなビジネス初心者から始めてる」

 

と、いかにネットビジネスは現実性があるのかと打ち出し、
実際に稼いでいる人の実績や情報を反対する人に見せつけながら
説得するのもアリですね。

 

では次、

反対派「就職するほうが安定だし、ネットビジネスなんてリスクの高いものはやるな」

  「実際、就職が必ずしも安定とは言えないよ。

    大手企業に入っても、一気に業績が傾いて、倒産やリストラの事例もあるし、
    サラリーマンの年収自体、年々低下していっていて、
    これからは個人で稼ぐ人と雇われて稼ぐ人との貧富が
    どんどん開いていくって言われてる。

    で、そもそもネットビジネスは安定性がないかと思われがちだけど、
    ネットビジネスは、普遍的なビジネススキルを学ぶことができる。

    例えば、ブログであれば、ライティングスキル、
    アフィリエイトであれば、セールス、マーケティング、
    といったように、どこのビジネスで使える
    普遍的なスキルを身に付けることができる。

    こういったスキルを身につけることで、万が一ネットビジネスでコケた時も、
    再就職をすることだって可能になるよ。

    ライティング、セールス、マーテティングを3つつけるだけで、
    希少性の高い人間になることができる。

    だから、ネットビジネスはお金も稼げる上に、どんなビジネスにも応用が効く
    普遍的なビジネススキルを身につけることができるから、
    何も考えずに就職して働くより、よっぽど現実的なんだ。」

 

そしてそして、

 

反対派「就職以外で生活するなんて、大変に決まってる」

  「実はそんなことはなく、
    ネットビジネスでは自動で利益を得られる仕組みをつくることができる。  

    (自動化の仕組みはここで説明すると長くなるのでここでは割愛します)

    むしろ大変なことなんて一切なく、就職するほうがよっぽど大変だよ。

    ネットビジネスは始めの半年~1年間は大変だけど、
    正しいやり方を実践すれば、それ以降は普通のサラリーマンより
    稼ぐことができるし、自動化によって労働時間を減らすことができる。

    ネットビジネスの仕組みさえ分かれば、いかに大変じゃないのかが理解できるよ

    (ここでネットビジネスの仕組みを説明できれば、尚良いです。)

 

と、いうような感じでしょうか。

 

ざっくりと書いてきましたが、これはあくまで一例であり、
本気で説得の文を書いたら、私のセリフが永久に続いてしまう可能性があるので、
できるだけカンタンにまとめてみました。

 

なので、これをそのままあなたが反対派に言ったところで、
賛成を貰えるというわけではないので、お気をつけください。

 

 

結局、私が何を伝えたいかと言うと、大事なのは、

”反対派の疑問をどれだけ現実的に払拭できるか”

ということです。

 

恋愛でも全く一緒で、この人と一緒になって大丈夫なんだろうか?
という疑問を払拭し、安心させることで、お付き合いができたりしますよね。

 

なので、あなたがネットビジネス反対派を説得するためには、
ネットビジネスの具体性、安定性、どれだけのチャンスがあるか、
ということを頭に入れて相手に説明できる状態が理想です。

 

それを学ぶのには、私のブログの記事を見て回って学ぶのも良いですし、
”しっかりとネットビジネスの魅力を伝えることができる”
ところまで、最低限の知識を落とし込んでおくといいでしょう。

 

ネットビジネスを反対されるなら、期限を決める

ネットビジネス反対派をあらゆる角度から説得をしても、
応じてくれない場合は、期限を決めてお願いするものアリです。

 

例えば、

  • 「半年やってみて1円も稼げなかったらやめる」
  • 「1年続けて10万以上利益を出せなかったやめる」

みたいな期限を決めます。

 

そうすることで、反対派も、

「じゃあそれがダメだったら、普通に働けよ」

と、渋々OKをしてくれる場合もあります。

 

また、期限を決めることで、あなたにもメリットがあり、
「まぁ、そのうち稼げれば良いか」
という考え方ではいかなくなるので、

 

ネットビジネスに対して本気で取り組める姿勢ができます。

 

逆に、期限がなければ、明日やろうとか、今度やろうとか、
言い訳がでてきやすいんですが、

「ここで稼げなきゃ、就職させられちまう!」

と、いう意識ができ、本気を出すことができるんですね。

 

つまり、ネットビジネスをやる期限を決めることで、

  • 反対派にOKを貰える可能性が高まる
  • 自分のやる気増加につながる

というようなメリットがあるので、
もし反対派に説得をしても納得してもらえない場合は、
期限を決めて話を持ちかけてみるのもおススメします。

 

ネットビジネスを反対されてできないなら、副業としてネットビジネスを始める

これまで書いてきた、

  • 説得する
  • 期限を決める

これをしても反対派が応じてくれない場合は、
ネットビジネスを副業として始めることをおススメします。

 

事実、ネットビジネスは仕事をしながらでも、隙間時間で実践が可能であり、
現実的にも、ネットビジネスを副業から始めて、本業より稼げるようになり、
会社を辞めて独立する人は多くいるのです。

 

もちろん、ネットビジネスで短期間ですぐに成果を出したい!
という状況であれば、思いっきりネットビジネスに時間を注ぐほうが成功は早いですが、
副業からでも問題なく始められ、十分に稼ぐことができます。

 

ハチャメチャに忙しい会社に勤めてない限りは、
1日1、2時間は捻出できると思うので、
そのスキマ時間で作業を積み立てていけば良いのです。

 

しかも、ネットビジネスは顔出し不要で、匿名でも実践できるので、
まずバレる心配はありませんからね。

 

例えば、顔出しをしないでやっている有名ブロガーやYoutuberでも、
実際はどこの誰かも検討はつきませんよね(笑)

 

なので、あなたがネットビジネスをやる上で、
どうしても周りから賛成を貰えず、反対しかされないのであれば、
副業から始めて、コツコツと積み重ねていけば、

  • 仕事をしながらでもネットビジネスができる
  • 本業の収入を超えたらその時に独立も可能
  • 同時に、普遍的なビジネススキルをつけることができる

といったように、メリットがたくさんあるのです。

 

また、副業からネットビジネスを始めることにより、
お金を稼いだという実績を作ることもできます。

 

後々でも、実際にあなたが稼いだ実績を見せることにより、
ネットビジネスの反対派の人たちの信用を得ることもできるのです。

 

 

もし、ここであなたが、

「副業からでも始められるネットビジネスって何?」

と思うようでしたら、

 

私が現在やっている無料メール講座では、
ネットビジネス初心者の方が、副業からでも始められる方法を
解説しているので、興味があれば是非ご参加ください。

 

今なら期間限定で、ネットビジネスで稼ぐための有料級の情報を、
PDFにてプレゼントしています。

 

→無料メール講座はこちらから参加できます。

 

 

ここまで書いてきた通り、
ネットビジネスは副業からでも始められ、
かつそこで稼いだ実績を作ることでも、
反対派の人たちの説得要素にもなるので、

 

まずはネットビジネスを副業から始めるのもおススメです。

 

ネットビジネスを周りに反対される時の対処法のまとめ

以上、書いてきたように、

”ネットビジネスを周りから反対される”

ということは極当たり前のことであるので、
そこで相手に憎しみを持ったり、自暴自棄になる必要はありません。

 

必要なのは、ネットビジネスを反対する人の疑問を払拭することであり、
ネットビジネスのメリット、将来性、安定性、を含めた知識で、
あなた自身が相手を説得することです。

 

また、それでも周りから反対を受ける場合は、
”期限を決める”か”副業から始める”といった手段もあるので、
あなたにあったやり方でネットビジネスを始めてみてください。

 

そして、この記事を書いている途中に思ったのですが、

”周りからの反対を説得し、賛成してもらう”

ということに対して、非常にビジネスに似ているなと(笑)

 

”説得力、相手の疑問を払拭し、メリットを伝える”
これってまさしく、セールスの概念ですよね。

 

なので、あなた自身が、周りからの反対を、

「どう納得させるか?」

という時点でビジネスは始まってるとも言えますね。

 

相手の納得をどうやって得るか?を考える思考こそ、
ビジネスの第一歩として、考えてみてください。

 

それで、それがダメなら、
反対派の関係をこじらせてまで無理やり始めるのではなく、

”副業から始めてみる”といった、リスクヘッジをしっかり行い、
最善の選択肢をとるということです。

 

この記事をきっかけに、あなたの環境が良くなり、
あなた自身がネットビジネスで稼いでいくことができることを願っています。

 

以上、

ネットビジネスを周りに反対される時の対処法

について記事でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カテゴリー
ネットビジネス

ネットビジネスでライバルの多さは関係ない。むしろチャンスです。

こんにちは。じゅんです。

 

ネットビジネスをやる上で、

「ネットビジネスって正直ライバル多すぎじゃない?」

と思われる方は多いと思います。

 

そう思ってしまうと、ネットビジネスを今更やったところで、
稼げなさそうというイメージがどうにも定着してしまうんですね。

 

ネットビジネスにおける、ライバルの多さや競合、
果たしてこれは良いことなのか悪いことなのか?

 

正直、ライバルが多いのは稼げないという理由にならなく、
何ならチャンスといえるくらいの事実です。

 

そんな意外な事実を詳しく解説していこうと思うので、
是非とも最後までお読みになってください。

 

 

ライバルが多いのは不利なのか?

 

ネットビジネスは初期費用も少なく、
パソコン1台あれば誰でも始めることができるビジネスです。

 

その参入しやすさゆえに、確かにライバルは多いと言えますね。

 

ですが、ここで考えていただきたいのは、

ライバルが多い=需要が多い

ということにも直結するということです。

 

どういうことかと言うと、ライバルが多ければ多いほど、
その業界の市場価値が高いと言えます。

 

つまり、ネットビジネスにおいてライバルが多いというのは、
ネットビジネス自体の市場価値が高く、需要がとても高いのです。

 

このように、ネットビジネスは需要が高い分、稼げる確率もグンとアップしますし、
チャンスの数もたくさん転がっています。

 

逆に、ライバルが全くいない市場であれば、
多くの人はそこに”旨味がない”と判断していて、
そもそも需要がないとも言えますよね。

 

仮に、そのようなライバルがいないブルーオーシャンの市場で、
”旨味がある”ようなビジネスが存在するとしても、
遅かれ早かれ、その市場にはライバルが多く参入するのです。

 

なので、結果的に稼げる市場というのは、
どんなモノでも絶対にライバルが多く存在していきます。

 

ネットビジネスで言えば、流行り始めたのがここ十数年であるので、

「今からやっても遅いのではないか?」
「ライバル多すぎてもうオワコンじゃね?」

と、思ってしまいがちですが、

 

そんなようなことを考えたら、需要のあるすべてのビジネスに対しても、
”ライバルが多いからできない”というような考えになってしまいますよね。

 

そうなってしまうと、すべてのビジネスがオワコン状態という解釈になり、
何にも手がつけられなくなってしまうとも言えるのですよ。

 

そういった意味で、ライバルが多いというのは、
何もネットビジネスだけに限ったことではなく、

 

需要のあるすべてのビジネスには必ずライバルがいるので、
ネットビジネスはライバルが多いのは不利と考えることには繋がりません。

 

ライバルがいないのは必ずしも良いことではない

先程も少し言ったように、基本的にライバルがいない市場というのは、
多くの人に”旨味がない”と判断されている世界です。

 

その場所では稼げないからこそ、参入者が少なく、
同時にライバルもいないということになります。

 

仮に、それでもライバルがいない市場で稼ごうと思うのであれば、
新たな開拓をしていかなければなりません。

 

つまり、まだ誰も思いついていない発想や手法を考え、
かつ人々に需要があるモノをビジネスとして考えるということです。

 

正直、これに関しては努力でどうにかなるものではなく、
言ってしまえば”天才的要素”が必要とされますよね。

 

なので、実はライバルがいないブルーオーシャンで稼ぐということは、
ライバルがいるレッドーオーシャンで稼ぐことの何百倍も難しいのです。

 

また、そもそもの話ですが、

”ライバルがいなければ稼げるのか?”

ということも意識してみてください。

 

例えば、全くライバルのいない山奥に飲食店を建てたとしても、
そもそもその場所に需要がないからお客さんがくることなく、全く稼げませんよね。

 

一方で、ライバルはいても人口の多い駅前に店をかまえるほうが、
人の目にもつき、よっぽど稼げるチャンスはあるかと思います。

 

そして、そのライバルが多い中で、

「どうやってライバルから一歩抜き出るか?」

と戦略を立てていくほうがよっぽど現実的に稼げるのです。

 

このように考えていけば、ライバルがいないメリットより、
ライバルがいないデメリットのほうが大きいと言えます。

 

 

ライバルがいることで生まれる価値

ライバルがいるということは、実はたくさんのメリットがあります。

 

どういうことかというと、ライバルがいることでその業界における成功事例ができて、
基準ができ、そこから「何をするべきか?」を学ぶことができるからです。

 

例えば、恋愛においても、
異性が素敵であればあるほど、たくさんのライバルが存在します。

 

そこで、大昔からたくさんの人が、
ライバルに負けじと恋愛に対してあらゆる角度からモノが考えてきました。

 

そこから、

男性が惹かれるモノは何なのか?

女性が喜ぶモノは何なのか?

というモノがだんだんと広がり、理解が深まり、心理学にもなったりして、
一貫性を持った恋愛術ができたと言えるんですね。

 

このように、恋愛市場もライバルがめちゃくちゃ多いからこそ、
”成功事例”や”基準”ができたといっても過言ではありません。

 

好きな異性ができて、どうしたらいいのか分からない
とガクブルしたとしても、成功事例から学ぶことで、
自分がどうしたら成功できるのか?が考えていけます。

 

かくゆう私も、過去に好きな異性ができたとき、
仲の良い先輩に恋愛の成功事例を教えてもらい、
その女性とお付き合いすることができました。

(先輩ありがとう)

 

逆に、恋愛においてライバルが全くいなく、
全人類が生まれた時点で結婚相手が決まっていたとしたら、

異性を落とすための恋愛術なんて誰も発明することなく、
”成功事例”や”基準”なんてものも存在してなかったと思います。

 

これは、ネットビジネスでも全く同じことが言えて、
現在、ネットビジネスで多くのライバルたちが稼ぎ続け、

 

築き上げてきた”成功事例”があるからこそ、
稼ぐためには何をすればいいのか?ということが明確になるのです。

 

仮に、ネットビジネス界にライバルが存在せず、成功事例がなければ、

「ネットで稼いでみよう!」

と思ったところで、何をしたら良いのか見当もつきませんよね。

 

 

もちろん、私もネットビジネスをはじめて稼いでいく上で、
たくさんのライバル達を研究しましたし、
すでにネットビジネスで稼いでいる有識者から教えてもらったりしてました。

 

私がネットビジネスで稼ぐことができたことが正に、
ライバルたちが作ってきた”成功事例”によって
稼いだということになるのです。

 

もしも、私がネットビジネスに参入したとき、
ライバルが全くいない状態であったら、何をしていいか全く分からず、
ずっとオンラインのオセロゲームでもやってたかもしれません。

 

このように、ライバルがいるからこそ、
「稼ぐにはどうしたらいいのか?」という成功事例や基準が生まれ、
何も知らない状態からでもそこから学べることで、
成功へのチャンスがグンと上がるのです。

 

ネットビジネスはライバルの数ではなく質が重要

これまで書いてきたように、確かにネットビジネスはライバルの数だけで言えば多いです。

 

ですが、こう言ってはなんですが、
現在のネットビジネスのライバルの質は弱いと言えます。

 

なぜなら、ネットビジネスは初期投資も少なく、
パソコン一台あれば誰にでも始められるという参入しやすさがゆえに、
真面目にやっている人の割合は相当少ないのです。

 

カンタンに言うなら、ネットビジネスを始める多くの人々は、

稼げそうだからやってみる→すぐに稼げない→諦める

という流れが決まって多いと言えます。

 

つまり、ネットビジネスを、
”ビジネス”としての意識でやっている人がほとんどいないんですね。

 

  • 「片手間で稼げそう」
  • 「楽に稼げそう」

 

という意識の人があまりに多く、
新しく始める人と辞める人の入れ替わりがとても激しいと言えます。

 

確かに、ネットビジネスは一般的なサラリーマンに比べれば稼ぐのは楽です。

 

なぜなら、サラリーマンであれば、通勤時間で家から駅に行き電車に乗って、
それから駅に着いたらまた会社まで歩くと考えれば、大体それだけで2時間掛かり、

 

定時の労働時間は8時間ほどで、そこから残業が重なったりすれば、
9時間、10時間、それ以上働くことになります。

 

そうなると、

通勤時間(2時間)+労働時間(8時間)+残業時間(とりあえず1時間とする)=11時間

1日だけで11時間仕事をしていることになるのです。

 

仮に、ネットビジネスで週5日11時間働いたら、
確実にサラリーマンより稼ぐことができますよ。

 

そういう意味で、一般的に労働するより、
ネットビジネスで稼ぐほうが楽と言う意味です。

 

しかし、多くの人は勘違いしており、
ネットビジネスは稼げる魔法のようなものがあるのではないかと
信じてる人が多数います。

 

まあ、これに関しては、ネットビジネスの詐欺的な情報、

  • 1クリックで1日100万円
  • あなたは何もしないで稼げます
  • 不労所得をあなたにプレゼント

みたいな、怪しいモノが流れているからこそ、
ネットビジネスは魔法でもあるかのように錯覚してしまう人がいるんですね。

 

 

結局、私が何を言いたいかと言うと、ネットビジネスのライバルたちの多くは、
片手間でサクっと稼げればいいかな?という思想の人が多く、
ビジネス意識を持って実践している人があまりにも少ないため、

 

あなたが、ネットビジネスで”本気で取り組む”ことさえできれば、
他のライバルたちよりすぐに一歩も二歩も抜き出ることができ、
稼いで成功する可能性が十分にあるということです。

 

こういった意味では、ネットビジネスはまだまだブルーオーシャンだと思っています。

 

100人ブログを始めたとして、1年後残る人って、
1人いるかいないかくらいの割合ですからね。

 

例えば、あなたがサッカーの部活に入ったとして、
その部員の大半が、週1、2回だけ練習してそれ以外は遊び呆けていたとすれば、
その中であなたが週4日でも5日でも練習するだけで、
半年~1年もすればすぐにサッカー部内で上位の実力をとることができるかと思います。

 

これが正に、ネットビジネスの世界です。

 

まだまだビジネス意識の低い人たちが多い今こそ、チャンスと言えます。

 

よって、ネットビジネスでライバルの数を意識するのではなく、
質を見ることで、どれだけのチャンスがあるかということが理解できるのです。

 

本質はライバル同士の勝ち負けではない。

これはどういうことかというと、最終的には、
ライバルは何をしてようがそこまで関係ないということです。

 

要は、ライバルから学ぶことはとても大切なことなのですが、

「ライバルがこうしてるから、自分もこうしなきゃ!」
「強いライバルばかりで、自分なんて全然ダメだな」

みたいなことは考えなくて良いのです。

 

つまり、

  • ライバルから学ぶ ○
  • ライバルと比べる ×

ということになりますね。

 

なぜかというと、ライバルと自分を比べることに本質はなく、
本当に大事なのは、相手が何を必要としているか?ということで、

 

アフィリエイトであれば、

相手が求めている価値とはなんなのか?
そのためにできるライティングはなんなのか?

であったり、

 

Youtubeであれば、

視聴者が面白いと思うには、
興味を持ってもらうには、

何を提供するべきか?

 

というように、本質と言うのは、

相手にどうしたら価値を与えられるか?

というところにあります。

 

私自身、ネットビジネス始めたての頃は、自分とライバルを比べることばかりして、
本質を見失い、「自分ってダメだな」というように考えていました。

 

このように考えてしまうと、結果的に何も楽しめなくなるし、
”そもそも自分は何がしたいのか?”すら分からなくなってきます。

 

ちなみに、私がネットビジネスで自分とライバルを比較ばかりして、
行き詰っていたとき、知人の方がこんな言葉を教えてくれました。

 

「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、
 君は15本贈るかい?? そう思った時点で君の負けだ。

 ライバルが何をしようと関係ない。
 その女性が本当に何を望んでいるのかを、見極めることが重要なんだ。」

 

これはスティーブジョブズのセリフなのですが、
その当時の私はこの言葉に救われましたね(笑)

 

このスティーブジョブズの名言は、本当にその通りで、
ネットビジネスにおいても本質は、ライバルが何をしているかじゃなく、
ユーザーが本当に望んでいるものを見極めることが大事なんですね。

 

あなたがもし、ライバルを意識して、
その上で勝ち負けに囚われてしまっているようなら、
そのようなこだわりは全部捨てさってください。

 

”相手が何を必要としているか?”

 

これが人間関係においても、ネットビジネスにおいても、
”本質”なんだと思います。

 

 

まとめ

これまで書いてきたように、ネットビジネスおいてのライバルの多さは、
全く不利ではなく、むしろライバルが多いからこそ市場価値があり、
需要が高いので、その分稼げるチャンスが転がっているということです。

 

また、ライバルが多いからこそ、”成功事例”や”基準”などが出来上がり、
何をどうすべきか?という道筋がハッキリ見え、迷うことなくつき進むことができます。

 

逆に、ライバルが全くいない市場では、成功への道筋というモノがないので、
天才的発想で一からビジネスをするような現実的ではない手段にでることになるんですね。

 

そして、ネットビジネスのライバルの質はまだまだ弱く、
ビジネス意識を持って取り組んでいない人が多いので、

あなたがしっかりと取り組むだけで、
まだまだ稼げるチャンスはたくさん転がっています。

 

最後に、ネットビジネスの本質はライバルの勝ち負けではなく、
”相手が必要としているモノは何か?”にあるのです。

 

 

以上、書いてきたように、これらのことを踏まえれば、
ネットビジネスにおいてライバルが多いことは、

全く後ろ向きなことではなく、むしろ前向きに捉えるべきと言えます。

 

 

もし、あなたが、

「ネットビジネスってライバルが多いけど今さら稼げるのかな」

というような思いで悩んでいるのなら、
そのようなことで悩む必要は全くないのです。

 

これまで書いてきたように、ネットビジネスはライバルが多いからこそ、
十分に稼げる余地があるので、悩んでいるくらいであれば、
是非とも行動に移してみることをおススメします。

 

 

ではでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
ネットビジネス

ネットビジネスにプログラミングは必要か?多くの人が勘違いしている真実

こんにちは。じゅんです。

 

先日、ライブバーに行って、知らない人たちと
音楽をセッションしまくりました。

 

そこにピアノを弾ける素敵なおじ様がいて、
今話題のクイーンのボヘミアンラプソディーを演奏してもらったのですが、
私は歌詞が「ママー!」の部分しか分かなかったので、

 

とりあえず「ママー!」とたくさん言っておきました。

 

音楽は素晴らしいです。

 

 

さて、今回は、

「ネットビジネスにプログラミングは必要か?多くの人が勘違いしている真実」

というお題で記事を書いていこうと思います。

 

実際のところ、ネットビジネスをやり始める前だと、

  • ネットビジネスってなんだか難しそう
  • 特別なスキルや才能がある人が稼いでるんだろうな
  • なんならプログラミング的なこともできなきゃダメなんでしょ

みたいな印象を抱いてしまう方も多いと思うのですが、
実際のところネットビジネスには何が必要なのかを
記事にまとめていきたいと思うので、

是非とも最後までお読みになってくださいね!

 

ネットビジネスにプログラミングスキルは必要か?

結論から言うと、
ネットビジネスにおいてプログラミングスキルは必要ありません。

 

何よりの証拠は、私自身がネットビジネスを始めてから、
一度もプログラミングなどしたことがないからです(笑)

 

冒頭にも少し書いたように、ネットビジネスは外から見ると、
何やら小難しいイメージを抱いてしまう方が多いと言えます。

 

  • パソコンに詳しくなきゃ無理だろ
  • プログラミングとかもしてるんでしょ?

 

と、主観的なイメージを持ってしまうのです。

 

ですが、実際のところ私自身、
プログラミングなんてチンプンカンプンもいいところで、
ネットビジネスを始める前なんて、

 

検索エンジンで調べ物をするか、Youtubeを視聴するかくらいでしか、
インターネットを使用していませんでした。

 

マジでそんなレベルでした(笑)

 

つまり、そのレベルで十分にネットビジネスを始めることができるのいうことです。

 

それなのになぜか、多くの人は、

「ネットビジネスは小難しいスキルが必要」

と勘違いしてしまっている人が多いと言えます。

 

なので、もしあなたがネットネットビジネス対して、
プログラミングや小難しいスキルが必要ないんじゃないかと不安に思っているのなら、
そのようなモノは一切なくとも始めることができるので安心してください。

 

本当、全くもって必要ないです(笑)

 

逆に、ネットビジネスにおいて必要なスキルは、もっと単純なモノであり、
基本的な文章の書き方、キーボードで文字を打てるか、
などなど、実にカンタンに手に入れられるモノです。

 

もちろん、ネットビジネスの中級者くらいになれば、
読み手を惹きつけるライティングスキルなどもあればもっと稼ぐこともできますが、
はじめのうちはそのようなライティングスキルなどもなく始めることができます。

 

ライティングスキルというのは、勉強することで身に付けるところもあるのですが、
大半は実践することで身についていくスキルなので、
実際に記事などを書き続ければ、次第にライティングスキルも上がっていくのです。

 

というわけで、私が実際にネットビジネスをやっている点で言えることは、
ネットビジネスにプログラミングは一切必要ないということになります。

 

 

ネットビジネスにプログラミングを活かせるとしたら

ここまで書いてきたように、ネットビジネスにおいて、
プログラミングは一切必要はないのですが、

強いてネットビジネスでプログラミングを活かせるとしたら、

  • 独自ツールの販売
    プログラミングのコンサルティング

くらいのモノでしょうか。

 

独自ツールの販売であれば、実際に自分自身がプログラミングをして、
開発するわけですから、そのツールを必要とする人がいれば、
そういった方々に販売して儲けることもできますね。

 

また、プログラミングのコンサルティングであれば、
ブログ内でプログラミングを学んでみたい初心者を募集し、
そこから授業料をいただき、稼いでいくことも可能ですね。

 

しかし、これらについては、プログラミングがネットビジネスで使える場面を、
”強いて言うなら”ということなので、全くもってプログラミングは必須ではないのです。

 

実際、商品の販売やコンサルティングなどは、
プログラミングに限らず、あらゆるモノで仕掛けることができますからね。

商品の販売であれば、化粧品、美用品、生活用品、など、
いくらでもアフィリエイトで稼ぐこともできますし、

 

コンサルティングであれば、あなたがネットビジネスでやって実際に稼いだ経験を
初心者に教えることで、授業料もらうことだってできるんですね。

 

このように、ネットビジネスにおいてプログラミングを活かすこともできますが、
プログラミングができなくても全くもって問題はありません。

 

 

主観的な独断と偏見には気をつけよう

そもそも、ネットビジネスにプログラミングは必要か?
と思ってしまうこと自体が、独断と偏見になります。

 

自分の主観的な独断をすると、

「ネットビジネスって難しそうだから自分には無理だろうな」

と偏見を持ち、せっかくのチャンスも見逃し三振をしてしまいます。

 

このことは、過去の自分自身に言えるのですが、
ネットビジネスを始める前の自分は、

「ネットビジネスは何か特別な才能を持っている人が稼いでいるんだろうな」

という独断と偏見を持ち、長い間ネットビジネスに踏み出すことをしませんでした。

 

で、今となってですが、そんな独断と偏見など持たずに、
もっと早いうちからネットビジネスを始めればよかったと何回でも思います(笑)

 

なぜなら、今の私は、

”ネットビジネスがカンタンに始められること”、”実際に稼ぐことができるということ”、

が分かっているので、もっと早くから始めれば、
今の何十倍も稼げていたんじゃないかと思ってしまうからです。

 

また、ネットビジネスにおいて、

「ネットビジネスはプログラミングが必要」

と、言うように主観的に判断してしまうこともそうですが、
この独断と偏見をしてしまうことで、損をすることはたくさんあります。

 

 

例えば、私は過去に好きな女性がいたのですが、
アプローチをしても全体的に反応もいまいちだったので、

「この子はきっと自分のことは恋愛対象としてみてないんだろうな」

と諦めたことがあったのですが、後々フタを空けたら、
その子は私に対して好意があったということがありました。

 

正に、独断と偏見での損です。

 

このように、主観的にだけモノを見て、独断と偏見をしてしまうことで、
見落としてしまっているメリットというのがあります。

 

今の恋愛の例で言うと、私は主観的にしかモノを見ていなく、

「自分のことが好きだとしたら、こんな反応しないだろう」

と、決め付けていたのです。

 

ですが、客観的に見れば、女性それぞれの恋愛のペースもあり、
表現方法も様々であることに気付くことができます。

私のケースの場合で言うと、後に知ったことなのですが、
その女性は恥ずかしがっていただけということでした。

 

つまり、何が言いたいかと言うと、

何事においても主観的に独断と偏見だけでモノゴトを見てしまっては、
本当の事実と言うのを見逃してしまうことがあるので、
あくまで客観的に見ることで、モノゴトの視野と理解が広がり、
得られるチャンスが増えるということです。

 

 

話は戻りまして、ネットビジネスに対しても、

「ネットビジネスにプログラミングが必要」、「難しいスキルがなきゃできなそう」

というのも、全く同じことなんです。

 

このように、主観的に独断と偏見をしてしまうことで、ネットビジネスに対して、
謎のハードルの高さが生まれ、”自分にはできない”と錯覚に陥ってしまいます。

なので、主観ではなく、あくまで客観的にモノを見て学んでみてください。

 

そうすることで、ネットビジネスでプログラミングスキルがいらないこと、
特別な難しいスキルがいらないこと、色々な疑問が払拭されていくのです。

 

事実、あなたが私の記事に訪れ、客観的にモノを学んだことで、

「ネットビジネスにプログラミングは必要ない」

ということが理解できたとも言えますからね。

 

人間は不安に思っていることの90%が現実に起こらないと言われるくらいですから、
それくらい人間の主観というのは当てにならないと言えます。

 

まとめ

ここまで書いてきたように、ネットビジネスを実践する上で、
プログラミングスキルなどは全くと言って良いほど必要ありませんし、
私自身、そんなスキル一切なくネットビジネスで利益を出すことができました。

 

また、ネットビジネスでプログラミングを活かせるとしたら、

  • 独自ツールの販売
  • プログラミングのコンサルティング

くらいのモノで、販売やコンサルティングであれば、
どんなモノでも応用が効くので、全くもってプログラミングを必須ではありません。

 

 

そして何より、「ネットビジネスでプログラミングが必要?」と、
主観的な独断と偏見でモノを見るのはやめていきましょう。

 

そのように、根拠なしに自分の勘や発想を頼りにするのではなく、
あくまで客観的にモノを見て学ぶことで、

「あれ、ネットビジネスなんて俺(私)でもできるじゃん!」

というような思考にすぐたどり着けるかと思います。

 

 

実際、私自身、元々会社もクビになるような社会的に能力の低い人間でありましたし、
パソコンスキルなんてほぼ0に等しいくらいしかありませんでした。

 

こんな私でもネットビジネスで稼ぐことができたのですから、
あなたが稼げないわけがないんですね。

 

なので、あなたがもし、

「ネットビジネスって難しそうだな」

という思いで、悩んでいるくらいであれば、
パパッと始めてしまうことをおススメします。

 

 

実際にネットビジネスに手をつけてしまえば、

「あれ、こんなん誰でもできんじゃん!」

となるかと思いますよ(笑)

 

で、私がこんなことを言っても、あなた自身が、
”ネットビジネスを始めたいけど何から手をつけて良いから分からない”
と思ってしまう可能性もあると思うんです。

 

私が現在やっている無料メール講座では、
完全0の初心者からでもネットビジネスで稼いでいく道のりを伝授しています。

 

無料メール講座でしっかり学んでいただければ、
「ネットビジネスがいかに難しいことなく稼げるか」
ということが理解できると思うので、興味があれば是非参加してみてください。

 

⇒無料メール講座の参加はこちらから

 

 

以上、

ネットビジネスにプログラミングは必要か?多くの人が勘違いしている真実

について、記事を書いていきました。

 

ネットビジネスは、正しい知識と正しい行動、
このたった2つをしっかりと学んで実践さえすれば、
誰にでも稼げるチャンスが十分にあります。

 

これを読んでいるあなたも、是非とも行動に移してみてくださいね。

 

主観的に判断するのではなく、客観的に学ぶことだけで、あなたが難しいと勘違いしているものが
実はカンタンなことだったりして、訪れるチャンスが山ほどあるのです。

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

カテゴリー
コラム

努力は必ず報われるは嘘?報われる努力を人はするべき

こんにちは。じゅんです。

 

最近、久々に山崎まさよしを聴いたのですが、彼のバラードに凄まじく胸アツです。

 

 

さて、今回は、

「努力は必ず報われるは嘘?報われる努力を人はするべき」

という題名で、記事を書いていきたいと思います。

 

これを読んでいるあなたはどこかで、

「努力は必ず報われる」

などといったセリフを聞いたことがあるかもしれません。

 

しかし、このセリフ自体、本当に信憑性はあるのでしょうか?
努力は報われるという思考で、闇雲に努力をして果たして報われるのか?

 

結論から言うと、無思考で努力だけ続けても報われないと私は思っています。

 

では、一体どうすればいいのか?
答えは単純で、”報われない努力”を”報われる努力をする”に切り替えることです。

 

ということで、報われない努力、報われる努力、
その両方を交えて、記事を書いていきますね。

 

報われない努力。ウサギとカメの話について思ったこと

ウサギとカメの童話ってありますよね。

 

カンタンなあらすじは、ウサギに「歩くのが遅い」とカメが馬鹿にされて、
そのカメが腹を立て、どちらが山のてっぺんまで早くたどり着けるか勝負を挑みます。

 

そして、よーいどん!の合図でウサギとカメは競争をするのですが、
ウサギは足が速いため、あっという間にカメとの距離を離して、

 

あまりにカメが遅いから、余裕しゃくしゃくのウサギは途中で昼寝して、
ウサギが目が覚めると、足が遅いながら一生懸命歩いてきたカメがゴールをし、
ウサギが負けてしまうという話ですね。

 

私の中でこの話って、どんなことでも一生懸命やっていれば報われる的な
教訓なのかなって思っています。

 

しかし、私は思うのですが、その一度の勝負はウサギが油断して寝たため、
たまたまカメが勝つことができたのですが、その後また勝負したらどう思いますか?

 

100戦勝負したとして、ウサギが100勝すると思います。

 

ウサギ的には、負けた敗因は昼寝をしてしまっただけですから、
次から寝なければ良いということだけ学べば、ウサギはカメに勝ち続けることができますよね。

 

なぜなら、本来カメよりウサギの方が身体的に圧倒的に足が速いからですね。

 

このウサギとカメの童話は、コツコツ努力をすれば弱者にも勝利があるといった
美談のように思われますが、私としては、この童話は洗脳に近いモノを感じました。

 

なんと言いますか、どうやったらウサギに勝利できるか?と言うよりは、
無思考でただひたすら頑張るみたいなモノで、読み手に対して、
”頭が良くならないようにしている”としか思えなかったんです。
(作者はそんなことを意図してるか分からないですが)

 

もっと言い換えるなら、日本でいうところの、
労働者に何も考えさせずに、安月給で会社で働かせて、
「汗水たらして働くのが美学」と言い聞かせ、頑張ってればいいことあるみたいな現実も、
ウサギとカメの童話で感じました。

 

ちなみに、私がもしカメの立場だったら、ウサギとの勝負の手段を絶対変えます。

 

足の速さはウサギには到底勝てないのだから、
水中戦に持ち込むとか、罠を作るとか(そこまでは流石にヤバイですが)、
勝つための戦略を考えますね。

 

で、足が遅くても勝てる勝負があるんだってウサギにドヤ顔をしたいです。

 

結局、私が何を言いたいのかと言うと、
ウサギとカメの童話で、カメが頑張っていることは、
実は報われない努力なんじゃないかなとってことなんですね。

 

先程も言ったように、勝負の最中たまたまウサギが寝ていただけで、
その後普通に勝負したらずーっとウサギはカメに勝てますよ。

 

200戦もやれば、途中でウサギもレースに飽きて
またお昼寝して、カメが勝てるときがくるかもしれませんが、
それでも199戦はカメの負けです。

 

200戦で1勝199敗。

 

少なくとも、この1勝のために私は頑張れる気はしませんし、
効率が悪すぎるとも言えます。

 

自分にとって不利な状況で、無思考でひたすら頑張る。

 

これが正に報われない努力です。

 

私はウサギとカメの童話から、ただひたすら頑張ることより、
自分にとって不利なら戦略を変えるべきだということを学びました。

 

報われない努力、無思考の恐ろしさ

ウサギとカメを例にあげたように、ウサギは寝ることさえやめて、
レースに集中すれば、いくらでもカメに勝つことができます。

 

足の遅いカメが、それでもひたすら、

「諦めなければ勝てる」

と無思考で勝負をしていても、それは体の構造上足の速さが圧倒的に違うから無理があることです。

 

すなわち、そういった思考だと、カメは勝てない勝負を延々することになり、
報われない努力にひたすら時間と労力を使うという恐ろしさに繋がります。

 

この報われない努力というのは、何もウサギとカメの童話だけではありません。

 

例えば、恋愛においても、相手に価値を与えられず、
相手が何を求めているか知らないまま、

「一途な思いは必ず届く」

みたいに戦略も考えずに無思考で勝負しても
なかなか相手から好きになってもらうのは難しいと言えます。

 

それよりは、相手が何を望んでいるのか?
どんなことで喜ぶ人なのか?と戦略を立てて戦う方が
よっぽど恋愛での勝率は上がりますよね。

 

 

また、無思考でいることは、ビジネスにも影響するのです。

 

私の知り合いに、毎日終電帰りで土曜も出勤して、
週6日をフル稼働で働き、年間休日も90日を切るくらいの
いわゆるブラック企業で働いている会社員の方がいます。

 

そして、給料も安いため、つねにお金もありません。

 

私はその知人に、

「○○のキャリアなら、もっと良い条件の会社に転職できるし、会社変えれば?」

と何度も言ってみたのですが、その知人は、転職活動が面倒だからという理由で、
そのブラック企業に何年も勤めています。

 

もちろん、この知人が働いて得ているモノすべてが報われない努力とまでは言いませんが、
その知人のキャリアならもっと良い条件で働ける会社はいくらでもあるのです。

 

そういう意味では、
私はビジネスに対しても無思考の恐ろしさを感じました。

 

つまり、ここまで書いてきたことで私が言いたいことは、

 

ウサギとカメであれば、カメは足の速さで競うのではなく戦略を考えるべきだし、
恋愛では、無思考で一途でいるのではなく、相手がどうしたら振り向くかを考えるべきで、
知人のサラリーマンは、もっと条件の良い会社を探すべきであり、

 

何も考えずに頑張るということが必ずしも良いことではないと言うことです。

 

 

人は報われる努力をするべき

努力自体、すべてが無駄になるとは言いませんが、
報われにくい努力より、報われやすい努力、
つまり、報われる努力を人はするべきなんです。

 

ただ闇雲に、「努力は報われる」と考えるより、
「どう努力すれば報われるか?」と考えるべきとも言えます。

 

例えば、さきほどの恋愛の話のように、
ひたすら一途でいるより、どうすれば相手に好きになってもらえるか?
もっというなら、どうすれば自分は幸せを感じることができるか?
というところまでを考えて行動するのが大事です。

 

これだけ愛してるんだから思いは伝わる!という考え方は、
残念ながら脚本ありの恋愛ドラマだけで通用することであり、
現実世界では、一途な思いだけでは相手を落とすことなんてなかなかできません。

 

すなわち、恋愛においても、”一途でいるだけ”というのは、
報われない努力に近いものがあります。

 

なので、相手が喜ぶようなことを心理的に学ぶのも良いし、
相手が何を必要としてるのかを考え、それに沿った行動をしたり、

なんなら、

「この子だけに執着してても仕方ないし、他の子もあたってみよう」

くらいまで考えてもいいと思います。

 

こんなことを言うと、チャラチャラした考え方で嫌悪感を抱かれるかもしれませんが、
一人の異性にこだわって、前に進めなくなるよりはよっぽど良いと思うのです。

 

だって、報われない恋愛にずっと苦しんでいるのって、辛くないですか?

 

それよりは、他の異性に対してもアプローチをして、そこで努力が報われれば良いし、
色々な異性とコミュニケーションをとることで、そこで培った経験を、
本命である子に応用して、また勝負を挑んでみることだってできます。

 

このように、もっと自分の幸せを考えて行動して良いと思うんですね。

 

 

要は、どうすれば自分の努力が報われるかを戦略的に考えるのが大事で、
そのためには多少モノゴトを打算的に考えることが必要だということです。

 

他にも、”金持ちになりたい”と意思があったとします。

 

それなのに、「努力は必ず報われる」という思考で何も考えずに働いていても、
まず金持ちにはなれませんよね。

 

例えば、努力は必ず報われる思考で、極端な話、コンビニのレジの仕事をずっとやり続け、
金持ちを目指したとしても、その時給には限界がありますから、
週6でフルに働いたとしても、2、30万円が限界です。

 

それよりは、金持ちになりたいのなら、

「どうすればお金をたくさん稼ぐことができるのだろう」

と戦略を考え、そのために必要な知識や情報を学び、行動に移すべきと言えます。

 

 

つまり、私が言いたい事は、目標があるのなら、
それに沿った戦略を探し努力していかなければならないということです。

 

好きな異性を落としたいのであれば、それに見合った努力、
金持ちになりたいなら、そのための戦略と努力、
というように行動をし、何も考えずに努力だけしていても目標にはたどり着けません。

 

あなたがもし、「努力しているのに報われない」と思っているとすれば、
それは単純に努力する方向が間違っていると考えることで、
自然と軌道修正に繋げていくことができていくこともできますね。

 

報われる努力とは、どうすればいいか

ここまで、報われない努力はやめて、報われる努力をするべきだと書いてきました。

 

では、報われる努力とはどうすればいいか?についてですが、
一番大事なのは、知識の量です。

 

なぜならば、知識があるだけで自分自身が有利に動けるし、
モノゴトに対しても色々な角度の視野がつき、たくさんの選択肢が見えてくるからです。

 

ウサギとカメの話であれば、カメは足で勝負する以外の知識があれば、勝つこともできたかもしれませんし、
恋愛でいうなら、相手の心を掴む知識があれば、グンと確率は上がります。

 

また、ビジネスにおいても、お金を稼ぐための知識があれば、
今よりもっと稼げる市場に乗り換えて仕事をすることで、
より多くの収入を得ることだってできるんです。

 

つまり、人は努力をすることももちろんそうですが、
いかにその努力が報われやすいか?という方向性の知識が最も大事と言えます。

 

そもそも、日本と言うのは教育上、知識を与えているようで与えていない部分があり、
人生において成功するような戦略や考え方を教えてくれません。

 

それよりは、良い学校に行け、良い会社に就職をしろ、
というように、頭ごなしに教育をしているように思えます。

 

自分の頭で考えるというよりは、言われた通りに行動をしろ
という印象を教育上見られるのです。

 

そうなってしまうと、自分の頭で考えることを放棄するようになり、
俗に言う、”指示待ち人間”という状態になってしまうでしょう。

 

 

私としては、”個人で考えられる能力”というのが、
この先の時代とても重要になると思っています。

 

なぜなら、AI化で仕事が次々と奪われていくというご時世の中では、
”どうやって生き残っていくのか?”という考え方が必要となるからです。

 

そんな時代の移り変わりの中、

「努力は必ず報われる」

という考え方はもはや古いと言えますよね。

 

そう考えるより、”報われる努力とは何か?”を考えるべきです。

 

 

少し話しがそれたので、話を戻しますが、
報われる努力をするためには、やはり知識の量が大事になってきます。

 

先程から何度も例に挙げているように、
ウサギとカメなら、カメは勝つための知識、
恋愛なら、相手を落とすための知識、
ビジネスなら、お金を大きく生み出す知識、

 

この知識があるないかで、すべての勝敗が大きく変わっていきます。

 

他にも、

「なんかやる気でないんだよな」

みたいな感情が強いのであれば、やる気を出すための知識。

 

「集中力が続かない」

のであれば、集中力をあげる知識。

 

「眠れない」のであれば、快眠できるための知識。

 

このように、意外と知識があるだけで解決できることって山のようにあるのです。

(かくゆう、私も集中力をあげる知識を得て、昔より格段に集中力をあげました。)

 

つまり、あなたの中で”こうなりたい”という思いがあれば、
”こうなるためにはどう努力をしていけばいいのか?”を意識し、
その中で迷ったとしたら、その都度に知識をつけていってください。

 

私は、知識の大事さに気付いてから、
できるだけ自分に必要なモノはガンガン勉強していくようになりました。

知識があるだけで、自分の進むべき方向性も分かり、
解決できることがアホほどあったりするんですね。

 

また、私自身、もともとは勉強が鬼のように嫌いだったのですが、
意外と知識を学びだすと、「こんな良い方法があるのか!」と、
目からウロコが止まらなくなり、次から次へと学びを得たくなり、
今では勉強をするようになりました。

(学生の頃の自分が今の自分を見たら、「どっかで頭ぶつけたのかこいつ?」
と思われだろうというくらい、私は勉強が嫌いでした。)

 

これを読んでいるあなたが知識をつけるための勉強が嫌いでも、
こんな私にだってできていることなのですから、きっと余裕でできると思います。

 

なぜなら、人間にはそもそも”知的好奇心”ってモノが搭載されているので、
何かを学ぶのが楽しくなるようにできているのです。

 

是非とも、あなたは、”報われない努力”から卒業し、
”報われる努力”に向かうべく、知識をたくさんつけてみてください。

 

まとめ

ここまで、私は「努力は必ず報われる」という言葉に対して、
報われない努力も確実にあるということを書いてきました。

 

また、報われない努力をするのは時間と労力ばかり消費してしまう恐ろしさもあります。

 

なので、人は報われる努力を絶対にするべきであり、
そのためにはたくさんの知識を得ることがとても大事だということでした。

 

しかし、これを読んでいるあなたが、

「自分の努力は報われない」

と日々思っているのであれば、実際そういう人は優しい人なんだと私は思います。

 

なぜなら、自分の損得を考えず、打算的にもモノゴトも見ず、
素直に頑張ってきた結果の悩みだと思うからです。

 

私からあなたに言いたいのは、もっと自分の幸せを考えていいのです。

 

そのためには、多少打算的でも、合理的でも、計算高くても全然良いではありませんか。

 

何も、人を裏切ったり、騙したりするわけではなく、
”自分が報われるためにはどうしたらいいのか?”を考えるだけですから。

 

また、私はあなたが報われるためにすべてを教えるということはできませんが、
きっかけは与えていこうと思います。

 

もし私の記事に興味を持っていただければ、
私のブログから色々な知識を学んでいただくのも良いですし、
無料メール講座では初心者から始められるネットビジネスの稼ぎ方も教えていたりします。

 

知識を学ぶという点では、私の無料メール講座から
ネットビジネスの基礎を学んでいただくのも全然アリです。

結構勉強になって面白いかとも思います。

 

⇒じゅんの無料メール講座はこちらから参加できます。

 

 

以上、

努力は必ず報われるは嘘?報われる努力を人はするべき

の記事を書いていきました。

 

どういう生き方をするにしろ、大なり小なり人は努力をしていくものです。

 

それならば、報われない努力をするのではなく、
報われる努力をしたほうがよっぽどより良い生活を手に入れることができます。

 

これを読んでいるあなたが、報われる努力に向かい、
そして報われることを心より願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
ネットビジネス

ネットビジネスでうまくいかない人の原因と対策

こんにちは。じゅんです。

 

今回は、

”ネットビジネスでうまくいかない人の原因と対策”

について、記事を書いていこうと思います。

 

実際、ネットビジネスを始めてはみたものの、

「思ったように稼げない」
「作業をしたいけど、やる気がでない」

と、自分の理想とは違い、うまくいっていない人は多いんですね。

 

そういうわけで今回は、
ネットビジネスがうまくいかない人
に向けて、その原因と改善を解説していきましょう。

 

完璧主義である

人は完璧主義であると、
予定通りに進まなくなると全体的にやる気がなくなってしまいます。

 

ネットビジネスの場合で言うなら、

「今日は一日中作業をするぞ!」

と意気込んでみたものの、なかなか手につかず、ゴロゴロしたり、
漫画を読んだりテレビを見たりして時間を浪費してしまうと、

「明日から本気出すか」

と、その日一日を投げ出してしまったりするんです。

 

これは、”その日を完璧に過ごしたい”という完璧主義のせいで、
予定から崩れてしまった一日に対して一気にやる気なくなってしまう状況と言えます。

 

かくゆう私自身も、ネットビジネス始めたての頃は、
こんなような完璧主義の考え方を持っていて、
予定通りいかなくなった一日を何度も投げ出したりしてきました。

 

「今日できなかった分、明日めっちゃ本気だそう」

 

このように考え、次に日になったらなったで、

「なんかやる気でないな」
「いや、明日こそ本気出すか」

みたいな不のループを繰り返して作業が進まなかった時期があります。

 

ですが、これは今になって言えることなんですが、
作業をする上では、”完璧じゃなくて良い”のです。

 

どういうことかと言うと、例えば、1日8時間作業すると決めたとします。

 

完璧主義の場合は、1日8時間が目標なので、
ゴロゴロしたり、昼寝をしてしまったりして、
8時間の作業ができそうになくなったら、

「明日8時間やろう!」

と言って、完璧に過ごせなかったその日に嫌気が差し、
中途半端にやるくらいならやらない方がマシと
丸一日作業をしなかったりするんですね。

 

逆に、完璧主義ではなく、自分に対して完璧を求めない場合、
1日8時間の作業を目標にした中、仮にゴロゴロして時間を浪費しても、

「まぁ、8時間はできないけど、ちょっとくらいやるか」

と、数十分、1時間や2時間でも作業ができたりします。

 

この両者を比べると、後者の方が絶対に良いわけです。

 

完璧じゃなくても、確実に進むことができてますからね。

 

なので、人間は完璧じゃなくて良いんです。
そもそも、人間は完璧な生き物ではありません。

 

少しでも良いから前に進めればいいんです。

 

ここで、私から言いたいのは、
作業にやる気がでない時、予定通りいかなくてテンションが
ガタ落ちしてしまった時は、

 

とりあえず”5分”だけ作業をしてください。

 

なんなら、5分だけやったらその後はやらなくて良いです(笑)

 

「たった5分だけならやる意味なくない?」

 

と思うかもしれませんが、逆に、たった5分だけと思えるようであれば、
そのたった5分の作業をしてみてください。

 

つまり、何が言いたいかと言うと、
どうしても思うように作業ができない場合は、
それくらい自分に対するハードルを下げてしまえ!ということです(笑)

 

そもそも、人はやる前からやる気なんてでません。
作業をすることで、やってから初めてやる気がでてきます。

 

私はいつも、作業をする上でやる気がでない時は、

「とりあえず5分だけやるか、その後はなんならやらなくてもいいや」

というモチベーションで作業に入り、気付けば1時間、2時間と
作業が続いて時間が経っているときがあるんですね。

 

これは、「5分だけなら良いか」ということで、
とりあえず作業をし、その5分を作業することで、
少しだけやる気が沸いてきて、

「いや、5分じゃ足りないな。もうちょっとやるか」

というふうに自分を駆り立てていく感じで、
言うならば、作業をするように”自分を上手く騙している”とも言えますね。

 

こうやって、自分がどうすれば作業をするか?
という戦略を立てることも大事です。

 

ここまでをまとめると、

  • 完璧主義でいると、予定通りいかなくなるとすべて投げ出してしまう
  • 完璧主義でいる必要はない、そもそも人は完璧にできていない
  • 少しでも前に進むことが大事
  • やる前からやる気がでないのは当然なので、5分で良いから作業をしてみる

こんな感じになります。

 

あなたも是非、脱・完璧主義をしてください。

 

もっと言うなら、作業が思うように進まないのであれ、
”自分はできない人間だ”と認めることも大事です。

 

なぜなら、完璧主義であるということは、どこかで、
”自分はできるはずだ”という考えがあるからと言えます。

 

なので逆に、ハナから自分はできない人間なんだと認めることで、

「まずは5分でもやってみよう」

と低いハードルから始め、着実に前に進むことができるんです。

 

少なくとも、私はつねに自分を弱い人間だと自覚しています。

 

自己流を意識してしまっている

ネットビジネスをやる上で、ついやってしまうことなのですが、

”自分のオリジナル”

にこだわってしまうという状態があります。

 

ついつい、他の人がやっていることを真似しても仕方がないと、
自己流を意識してしまったりするんですね。

 

ですが、ネットビジネスでいち早く成功したいのであれば、
成功している人の”真似”をするのが一番早いと言えます。

 

これは何にでも言えることで、例えば恋愛でもそうです。

 

どうしても好きな異性が振り向いてくれない時、

「俺は俺のやり方があるから、誰の言うことも聞かないぜ!」

といった思考では、状況を変えるのはすごく難しいと言えます。

それよりは、モテる人に相談してアドバイスを受けたり、
恋愛心理学で相手を振り向かす方法を調べたりして
実践するほうがはるかに効率が良いですし、近道もできます。

 

そうです。
このように成功者の真似をするのが一番手っ取り早いのです。

 

私自身、昔好きな子がいて、どうしたら良いか分からなかったので、
熟練者にアドバイスを求め、それ通り実践したら付き合えたことがありました。

「すげー!マジで落とせちゃったよ!」

と言う感じで(笑)

 

日本語だって、親の真似ごとをして覚えてきたし、
勉強だって、教科書や参考書の真似をしますし、
スポーツだって上手い人の真似をして上達します。

 

人は成長するために、誰でも真似から始めてるんです。

 

ネットビジネスにおいても、全く同じで、
まだ稼げていない段階で、下手にオリジナリティを追求するよりは、
まずは成功者の真似をするのが一番大事です。

なぜなら、ネットビジネスの成功者は、
そのやり方で実際に稼いでいるわけであり、
稼ぎ方も知っているので、

 

その成功者のやり口を真似するほど効率の良いものはありません。

 

もっと言うと、まだ稼げていない自分のオリジナリティを追求し、
その自分の言うことを聞くということは、
ネットビジネスでまだ稼げていない人からコンサルを受ける
ということと全く同じです。

 

普通に考えて、稼げていない人から教えてもらう気になりませんよね。

 

まだ稼げてもいないのに、自分のオリジナリティを追求し、
その言う通りに動いてしまうということは、
つまりそういうことになってしまうんです。

 

大事なのは、素直になることであり、

「自分は稼ぎ方を知らない」

と自覚をし、成功者から素直に稼ぎ方を真似することです。

 

マーケティングだって、根本的なやり方は、
数百年前から変わっていません。

 

現代におけるマーケティングは、古くからあるマーケティングの型の
成功パターンを真似て学んで、取り入れているんです。

 

真似をすることは決してダサいことではありません。

 

それに、自分のオリジナリティを追及することは、
成功者の真似をして稼げるようになってからいくらでもできます。

 

まずは、変なこだわりもプライドも捨てて、
稼げない自分を認めた上で、成功者を徹底的に真似していきましょう。

 

ここまでをまとめると、

  • 自己流というオリジナリティにこだわってはいけない
  • 成功者の真似をすることが、一番の近道である
  • 素直になり、変なこだわりとプライドを捨てる

という感じで、ガンガン成功者の真似をしていきましょう。

 

ネットビジネスはビジネスであることを再認識しよう

「ネットビジネスは超楽チンに誰でも稼げちゃう」

みたいな風に思って始める方は非常に多いです。

 

ゆえに、実際にやってみると、

「なんか思ってたより楽に稼げない」

とモチベーションが下がり、うまくいかなくなってしまうことがあります。

 

ここで私が言いたいのは、

「なので普通のビジネスの感覚でやっていきましょう」

ということで終わらしたいわけではありません。

 

確かに、ネットビジネスは楽に稼げます。

 

というのも、普通のビジネスに比べれば圧倒的に楽に稼げるということです。

 

例えば、
普通のサラリーマンであれば、家から駅、電車で会社の最寄り駅、最寄り駅から会社まで、
全部合わせた往復の通勤時間だけでも1日2時間くらい掛かるとしましょう。

そこから、会社で8時間ほど働き、残業があればそれにプラス2時間。
労働時間は1日10時間だとします。

 

となると、

通勤2時間+労働時間8時間+残業2時間=12時間

になりますよね。

 

サラリーマンの場合、これだけ働いても、
安月給であれば手取り20万前後だったりするんです。

仮に、この1日12時間をネットビジネスに費やしたとすれば、
その何倍も何十倍もめちゃめちゃ稼げるようになると思います。
(もちろん、しっかりと稼げるやり方で作業した場合に限る)

 

このように、普通の労働型のビジネスと比べれば、ネットビジネスは
圧倒的に楽に稼げることができ、お金を生み出すことができるんです。

 

本来はこういう意味で、
ネットビジネスは楽に稼げるということなんですが、
多くの人は誤解していて、稼げる裏技みたいなモノを求めます。

 

例えば、巷でよく見る、

  • 1日1クリックで月収100万円
  • 作業時間は1日5分で30万円
  • あなたは何もしないで稼げます

このような主張を信じてしまうんです。

 

言っておくと、ネットビジネス初心者の段階で、
「何もせずに楽を稼ぐ」なんてことはできません。

 

もちろん、稼げる仕組みを一度構築してしまえば、
何もせずにでもお金を稼ぐことは実現できますが、
ハナから何もせずに稼げるわけはないんです。

 

ネットビジネスで自動的に利益を得ている人は、
それを実現するために、作業、勉強を惜しまず、
努力をすることで実現しています。

 

ネットビジネスはあくまでビジネスです。

 

ネットビジネスを始めたからと言って、
いきなり異次元にワープして夢のワンダーランドにいける
みたいなことはありません。

 

ネットビジネスはビジネスとしての
意識で取り組んでいない人が非常に多いのです。

 

会社で仕事をしていて、

「やる気でないから辞めた」、「また明日やるか」

なんてことをしていたら、利益を生み出すことなんて確実にできませんよね(笑)

 

なので、しっかりと知識を得て、作業をするということに関しては、
ネットビジネスも他のビジネスと同じなんですね。

 

ネットビジネスはビジネスであるということを、
今一度認識していきましょう。

 

ここまでをまとめると、

  • ネットビジネスでの楽を多くの人は履き違えてしまっている
  • それでも普通のビジネスに比べれば、ネットビジネスは稼げる
  • ネットビジネスを始めたらかと言って、ワンダーランドにいけるわけではない
  • ネットビジネスはビジネスだということを再認識する

こんな感じでしょうか。

 

山登りを山登りだと思わず、軽装で挑んでしまっては、
山頂までたどり着くのは非常に困難です。

 

ネットビジネスにおいても、ビジネスだと思わずに
稼いでいくのではそうそうカンタンにはいかなくなります。

 

何も私は硬い話をしたいわけではなく、

”お金を稼ぐためにはビジネスをすること”

このことを改めてネットビジネスをする上で意識してみましょう!

 

ネットビジネスでうまくいかない人の原因と対策

ここまで、ネットビジネスでうまくいかない人の多くが当てはまる、

  • 完璧主義であろうとする
  • 変なプライドで成功者の真似をせず、オリジナリティを追求してします
  • ネットビジネスをビジネスとして意識していない

この3点の原因と対策を書いていきました。

 

ネットビジネスはビジネスの中でも、かなりおいしいビジネスと言えます。

 

なぜなら、普通のサラリーマンのような労働時間を働かなくても、
もしくはサラリーマンのような労働時間をネットビジネスに費やせたら、
普通のビジネスより圧倒的に稼げるからです。

 

そして、最初に必要な知識を取り入れ、作業をし、
一度稼げる仕組みを構築してしまえば、作業量もどんどんと減らしていけます。

 

また、ネットビジネスに掛かる初期費用だって、
普通のビジネスに比べればアホみたいに安いです。

 

お店を経営しようモノなら、テナント料や在庫だけでも、数百万と掛かりますし、
不動産投資をするのであれば、数百~数億と掛かります。

 

ネットビジネスの場合、ブログを運営する費用が月に数千円掛かるだけです。

 

つまり、ネットビジネスはリスクという怪我を負う必要もなく、
うまくやれば、ハチャメチャに高いリターンが返ってきます。

 

そういう意味では、ネットビジネスは失敗がありません。
だって、月数千円でビジネスを始められ、同時にたくさんのことを学べ、
仮に稼げなかったとしても(正しい知識なら、ほぼほぼ稼ぐことができますが)、
得るものがめちゃくちゃあるし、損失は数千円程度です。

 

ぶっちゃげ、私からすれば、
何で世の中の人はネットビジネスをもっとやらないんだろうと
疑ってしまうくらいです。

 

なので、ネットビジネスがうまくいかない人は、
是非ともその原因を改善して、ガンガン稼いでいってください。

 

 

ここで、これを読んでいるあなたが、ネットビジネスにおいて、

「何から始めたらいいのか分からない」

と思うようであれば、私の無料メール講座に参加することをおススメします。

 

私の無料メール講座では、ネットビジネスの初心者からでも、
何から始めて、何をするべきかを、徹底的に解説しているので、
すごく始めやすいと思います。

 

しかも、今なら限定で、ネットビジネスで稼ぐノウハウの特典を、
無料メール講座参加者限定にプレゼントしているので、
興味があったら参加してみてくださいね。

 

→じゅんの無料メール講座はこちらから参加できます。

 

以上、ネットビジネスでうまくいかない人の原因と対策について、
記事を書いていきました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!