ワードプレスでグローバルメニューを設置・作成する方法!

ワードプレスでグローバルメニューを設置・作成する方法!

今回はワードプレスでグローバルメニューを作成する方法をまとめていきます。

 

ワードプレスでは驚くほどカンタンにグローバルメニューが作成できるので、
ややこしい人苦手な人でも正しい手順に沿ってやれば、

「うほ。楽勝!」

となること間違いなしです。

 

というわけで、グローバルメニューの設置・作成方法を分かりやすく解説していきます!

 

 

グローバルメニューとは?

 

グローバルメニューはサイトのトップページにある、

  • ホーム
  • お問い合わせ
  • ○○一覧
  • プロフィール

などのことです。
(サイトによって設置されているメニューは異なります)

 

僕のブログで言えばここの部分ですね。

 

 

ちなみにグローバルメニューの正式名称は「グローバルナビゲーションメニュー」。

 

なのでグローバルメニューと言ったり、
ナビゲーションメニューを言ったりしますがどちらも同じ意味です。

 

 

サイトの一番目立つ場所であり、ユーザーにとってサイトを巡回しやすくなるメニューなので、
ブログをやる上では必要不可欠と言って良いでしょう。

 

 

グローバルメニューの設置方法

 

では早速グローバルメニューの設置方法について説明していきましょう。

 

この記事では、

  • 固定ページ
  • 記事のカテゴリー設定済み
  • 記事が作成済み

ということを前提に説明していきます。
(ページがないとメニューに追加ができない)

 

まずはワードプレス管理画面から、

  1. 外観にカーソルを合わせる
  2. メニューをクリック

の手順で進めていきます。

 

 

すると、メニューの管理画面に飛べるので、

  1. メニュー名の入力
  2. メニューの作成をクリック

をしていきましょう。

(メニュー名は任意でOK)

 

 

これでメニューの作成は完成!

(画像ではメニュー名を「menu」としています)

 

ではここから、グローバルメニューに入れられる項目について解説していきます。

 

 

グローバルメニューに設置できる項目

 

グローバルメニューに設置できる項目は、

  • 固定ページ
  • 投稿
  • カスタムリンク
  • カテゴリー

の4種類となります。

 

一つずつ解説していきます!

 

固定ページをグローバルメニューに入れる

 

固定ページをグローバルメニューに入れるやり方についてです。

 

下の画像では固定ページを、

  • TOPページ
  • プロフィール
  • お問い合わせ

の3つを事前にサンプルで作成しています。

 

 

では早速、作成済みの固定ページをメニューに入れてみましょう!

 

 

すると、チェックを入れた固定ページがメニューに追加されます。

 

 

どうです?めちゃカンタンです!

 

ここまで分かれば後の手順はほぼ一緒なので、
必要に応じて固定ページをどんどん追加していきましょう。

 

 

投稿をグローバルメニューに追加する

記事をグローバルメニューに入れるやり方は、
固定ページと同じやり方です。

 

 

これで投稿ページをメニューに追加することができます!

 

 

カスタムリンクをグローバルメニューに追加する

メニュー内に、

  • 個別のリンク
  • 外部のリンク

を追加することもできます。

 

 

各赤枠に、

  1. サイトリンクの入力
  2. 表示させたい文字列

を入力し、「メニューに追加」をすれば、
カスタムリンクの追加は完了です。

 

 

カテゴリーをグローバルメニューに追加する

カテゴリーを追加する手順もこれまでと一緒です。

(カテゴリーが作成済みという前提)

 

 

この手順でカテゴリーをメニューに追加ができます。

 

 

ここまでの工程が終わったら「メニューの位置」にチェックをし、
メニューを保存して終了です。

 

 

メニューの位置の項目についてですが、テーマによって表記が違うのでご注意を。

 

上の画像では「デスクトップ水平メニュー」と書いてありますが、

  • ナビゲーションバー
  • ヘッダーメニュー

など表記が変わるので、テーマによって正しい位置を選んでください。

 

 

追加したメニューの位置を変える方法

 

グローバルメニューに追加した項目の位置を変える方法です。

 

メニューは一番上から左順となります。

 

 

少しイメージしづらいかもしれないので、
この配置で実際に表示された状態を見てみましょう。

 

 

これが実際にブログ上で表示される順番になります。

 

管理画面で上にあるメニューから実際の表示が左順になっていることが分かります。

 

 

この配置の順番を変えたい場合、
管理画面から入れ替えたいメニューをドラッグして移動させることで順番を入れ替えられます。

 

 

 

 

上記の手順でメニューを保存すれば、
実際の表示では「お問い合わせ」が一番左に表示され「TOPページ」が真ん中になります。

(先ほどもいたように、メニューの位置の表記はテーマによって違うのでご注意を)

 

 

これで実際のブログでのメニューの位置が変わります。

 

 

 

 

ドロップダウンメニューの設定方法

 

これまで紹介したメニューの位置を変える方法で、
ドロップダウンメニューの設置も可能となります。

ドロップダウンメニューとはメニューに階層を持たすことです。

 

「よく分からん!」となってしまうかもしれませんが、
実際にやればすぐ理解できると思うのでやっていきましょう!

 

 

上の画像では「お問い合わせ」がドロップダウンメニューになっています。

 

やり方は、

  1. 対象のメニューをクリックしたまま位置を変える
  2. 位置を変えた後に少し横にズラす

これをすれば対象のメニューがドロップダウンメニューとなります。

 

ブログでの表示はこうなります。

 

 

先ほどまでメニューの中にあった「お問い合わせ」が、
TOPページのドロップダウンメニューになりました。

(TOPページにカーソルを合わせると表示される)

 

また、テーマによってはドロップダウンメニューが未対応もあるのでご注意を。

 

 

まとめ

 

グローバルメニューの設置方法について記事をまとめてみました。

 

ワードプレスの操作は最初はややこしく見えますが、
いざやってみると大体カンタンです。

 

 

今回の記事は、

  • 固定ページ
  • 記事のカテゴリー設定済み
  • 記事が作成済み

が前提なので、先にこれらを作成しておく必要があります。

 

 

また、グローバルメニューに設置できる項目は、

  • 固定ページ
  • 投稿
  • カスタムリンク
  • カテゴリー

ということでした。

 

是非ともこの記事を参考にグローバルメニューを作成してみてください!

   無料メール講座を限定公開中です。  
・なぜダメダメだった元サラリーマンがネットビジネスで生計を立てられたのか?
・誰もがひた隠しにしている本当の成功法とは?
・「私には無理だろうな」 そんなあなたにこそできる確実な稼ぎ方
  さらに今なら、完全無料の、
「完全0の初心者でもネットビジネスで稼ぐ事ができる」有料級の特典を配布しております。
*メールアドレス
*お名前

    ネットビジネスで稼ぐのなんて難しそう」なんて思う方も多いのですが、
成功するために必要な事はたった2つの事だけなんです。
 
◆「成功するためのたった2つの事」
特典の中ではこの事を徹底的に解説し、
あなた自身にそれを身に付けてもらい、
稼げるための道のりを伝授致します。
 
◆完全0の初心者が確実に稼ぐための3ステップ
私が完全0の初心者からネットで稼ぐまでに実践した3ステップです。
ネットで稼ぐための情報は数多くありますが、
正しくこの3ステップさえ学べばどんな方でも稼ぐ事が可能となります。
 
是非この3ステップを学んで頂き、
確実に、最短で稼ぐ方法を身につけてください。
 
◆数あるネットの稼ぎ方で最も荒稼ぎできる方法とは?
現在、ネットビジネス界ではたくさんの稼ぎ方があります。
その中でも、成功者がほぼ間違いなく行っている手法があり、
最終的にあなたもこの境地まで来る事が可能です。
「ネットビジネスで最も荒稼ぎができる方法」
是非この方法をあなた自身が学び、実践していきましょう。
  そして、ステップメールの内容はと言うと、  
・ネットで稼ぐために必要なたった2つの事 ・完全0の初心者が鉄板で稼げる方法とは? ・ネットビジネスにおいて最も重要な技 ・本当に必要なのは「お金」でなく「○○」である ・人はある1つのモノで天国へも地獄にも行ける
  などと言った、 正しく学べば誰にでもネットで稼ぐ事が可能となる内容になっているので、  
是非ともあなたの参加を心よりお待ちしております。
お名前(姓)
*メールアドレス

※講座への参加後、すぐにメールを送付しますが、万が一届かない場合は、
アドレスが誤っているか迷惑メールフォルダ等に振り分けられている可能性があります。
その場合、再度参加しなおすか迷惑メールフォルダにいかないように設定をお願いします。
また、Gmailであれば比較的届きやすいので、お持ちであればGmailでの参加をオススメします。