カテゴリー
トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方。まずはこれだけです。

こんにちは。じゅんです。

 

今回は、

「トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方」

について記事を書いていこうと思います。

 

 

この記事は、

  • 「トレンドアフィリエイトに興味がある」
  • 「トレンドアフィリエイトを始めてみたい」
  • 「トレンドアフィリエイトがいまいち上手くいかない」

といった人に、是非読んでもらいたい内容です。

 

 

トレンドアフィリエイト自体、何も難しいことはなく、
しっかりと基本を学ぶことで誰にでも実践可能となります。

 

 

 

この記事を読むだけで、

”トレンドアフィリエイトのブログ記事の正しい書き方”

というのを徹底的に学ぶことができるので、
是非とも最後まで読んでみてください!

 

 

トレンドアフィリエイトで記事を書く前に

まず、トレンドアフィリエイトの記事の書き方を学ぶ前に、
前提として重要なポイントを話しておきましょう。

 

トレンドアフィリエイトでも何でも、
ブログで記事を書く上で
最も意識しなければならないことは、

”読み手に価値を与える”

ということです。

 

というのも、トレンドアフィリエイトのイメージって、

「流行のネタをとりあえずまとめて書いておけば良いんでしょ?」

って感じに考えている人が多いんですが、
これは間違いではないけど、本質ではありません。

 

最も重要なのは、
読み手にとってタメになる、価値のある記事です。

 

しっかりとそこを抑えなければ、
いくら書いても価値のない記事を量産してしまうことになります。

 

 

読者に対し、

「何を知りたがっているのか?」、「何を必要としているのか?」

ということを意識した上で記事を書いていきましょう。

 

例えば、記事のタイトルだけ過剰に書いて、
中身が全然伴っていないような記事だったら、
即効でブラウザバックされて終わりですよね。

 

なので、読み手の立場に立って記事を書くということを
しっかりと意識する必要があります。

 

 

トレンドアフィリエイトのネタ選定

 

まず、トレンドアフィリエイトで記事を書く際は、

「何の記事を書くのか?」

というネタ選定が必要になります。

 

実際、このネタ選定の時点で悩みすぎてしまう人が多いんですが、
そこまで難しく考えることはありません。

 

簡単なところ、ヤフーニュースからでも、
芸能、スポーツ、時事ネタ、
などなど、いくらでもネタを見つけることができます。

(※この際、ニュース記事を真似るのではなく、ネタ探しとして使うこと)

 

 

または、自分が普段検索しているネタを探してみるのも良いです。
僕の場合であれば、

 

  • 日常で気になったニュース
  • テレビや雑誌で見つけた有名人
  • たまたま見つけた面白いユーチューバー
  • 遊びの行き先の名所
  • 季節モノのイベント

 

と、実際にはもっとありますが、
こんな感じで検索エンジンを使いますね。

 

 

こういった、

”自分がつい検索しがちなこと”

からネタを探し、
自分のブログに書いていくやり方だと
ネタなんていくらでもあるんです。

 

 

と、ざっくりトレンドアフィリエイトのネタ選定を説明しましたが、
より詳しくネタ選定をする際の2つのポイントを紹介しておきましょう。

 

 

ネタ選定:ポイント①「具体的なネタ探しの場所」

先程、ヤフーニュースを例に挙げましたが、
ネタを収集できる代表的な場所を紹介します。

 

  • ヤフーニュース
  • 産経ニュース
  • エキサイトニュース
  • ツイッター
  • 2chまとめ
  • 週刊文春WEB
  • LINEニュース

 

このように、ネタ収集できる場所はたくさんあります。

 

 

ちなみに、この中でも僕がおススメしているのは、
ヤフーニュースです。

 

なんでかというと、
ヤフーニュースの1日のPV数は、約2億PVと言われています。

(なんてこった)

 

 

つまり、他のニュースサイトに比べ、
ヤフーニュースはズバ抜けた人数がアクセスをしているんです。

 

そうとなると、必然的に、
ヤフーニュースに載っているネタが、
世の中の人々の関心が集まっているというわけなので、
検索需要も高いということになりますね。

 

なので、ネタ選定の際は、

”困ったらYahoo、補足情報で他のサイトを見る”

という手順で問題ないですね。

 

 

ネタ選定:ポイント②「世間的に需要はあるか?」

トレンドアフィリエイトの記事は、
できるだけたくさんの人に読んでもらう必要があります。

 

そのため、自分が興味があるネタだとしても、
世間的にほとんど需要がないネタであれば、
当然読まれる可能性も低くなるということです。

 

例えば、新垣結衣さんで記事を書くとしたら、

  • 新垣結衣のプロフィール
  • 新垣結衣のファッション、髪型
  • 新垣結衣の熱愛

みたいなネタだったら興味がある人も多いし、
検索需要が高いと言えます。

 

 

一方で、

「新垣結衣の好きなおにぎり」

みたいなネタだと、超絶なファンでも、
やっと検索されるかされないかの需要ですよね。

 

 

このように、トレンドアフィリエイトでネタを探すときは、
世間に需要があるかどうかを意識することが大事となります。

 

 

キーワード選定

さて、トレンドアフィリエイトにおいて、
ネタ選定をした次は、キーワード選定の作業になります。

 

まず、キーワードとは、
検索エンジンで使用する言葉のことですね。

 

例えば、

  • 新垣結衣 髪型
  • 新垣結衣 恋人
  • 新垣結衣 ファッション

みたいな感じで検索される言葉がキーワードとなります。

 

 

で、キーワード選定とは、
検索されそうな需要のあるキーワードをこちらで選び、
記事を書くと言うことです。

 

 

百聞は一見にしかずという言葉があるように、
まずは例を見てみましょう!

 

 

例えば、グーグルで、

「youtuber 年収 ランキング」

というキーワードを検索したとします。

 

上の画像を見る通り、検索キーワードが、

「Youtuber 年収 ランキング」

に対して、検索結果に出てくる記事タイトルに、
すべて検索ワードが含まれてる点に注目です。

 

これは記事の書き手が、

「Youtuber 年収 ランキング」

というキーワードを選定して記事を書いています。

 

記事を書く際は、
このキーワード選定が必須です。

 

どんなキーワードを狙い、
記事を書いていくのか?

 

これをしっかり意識していきましょう。

 

 

また、ユーザーが検索をしたキーワードに対して、
記事タイトルが一致していれば、記事は検索上位に表示されやすくなります。

 

なので、記事のキーワード選定をする際は、

  • 検索されそうなキーワードを選定する
  • 記事タイトルに狙ったキーワードをすべて含ませる

といったことを意識してみましょう。

 

 

そして、このキーワード選定でも、
いくつか抑えるべきポイントがあるので、解説していきますね。

 

 

キーワード選定:ポイント①「メインキーワードと複合キーワード」

キーワードには、
メインキーワードと、複合キーワードというのが存在します。

 

まず、メインキーワードとは、先程の例、

「Youtuber 年収 ランキング」

で言えば、

”Youtuber”

がメインキーワードとなります。

 

 

それに対して、複合キーワードとは、

「Youtuber 年収 ランキング」

でいうところの、

”年収 ランキング”

が複合キーワードの部分です。

 

メインキーワードの後に続く言葉が
複合キーワードになります。

 

 

ここで意識するべきことは、
メインキーワードだけでキーワード選定をし、
記事タイトルをつけるのは避けるべきです。

 

というのも、メインキーワードというのは、
すでに大量の記事がネット上で書かれているため、
自分の記事を上位表示させるのには少し困難と言えます。

 

 

例えば、

「お台場海浜公園」

というメインキーワードを狙って記事を書こうとしたら、

 

 

このように、検索結果が「30030000件」と、
大量の記事が表示され、とてもじゃないけど上位表示が難しいと言えます。

 

 

ですが、複合キーワードを追加することで、
状況は一変し、例えば、

「お台場海浜公園」に、「駐車場 安い」

をつけ加え、

「お台場海浜公園 駐車場 安い」

というキーワードで検索をかけてみると、

 

検索結果が一気に、「139000件」に減りました。

 

 

このように、いくらキーワードに需要があっても、
ライバルが多すぎてしまっては記事が上位表示されないので、
メインキーワードだけではなく、複合キーワードを加え、
検索上位を狙っていくのがトレンドアフィリエイトの基本となります。

 

 

 

ちなみに、複合キーワードを決める際は、
メインキーワードを含め、3個か4個にとどめておきましょう。

 

キーワードが多すぎると、タイトルだけで長文になってしまいますからね。

 

 

キーワード選定:ポイント②「検索結果からライバルチェックをする」

記事のキーワードを決めたら、
次に必要なのはライバルチェックです。

 

ポイント①では、記事を書く際は、
複合キーワードを意識して書こうというお話でした。

 

で、いくら複合キーワードを活用したとしても、
さっきの例の

「お台場海浜公園 駐車場 安い」

では、

 

 

このように、検索結果が139000件もあり、
普通に考えたら、

「こんなに検索結果があるのに、自分のブログは上位表示されるのか?」

という疑問が残ります。

 

 

ですが、その問題を解決する方法があり、
ここで必要になってくるのがライバルチェックです。

このライバルチェックを上手くすれば、
例え検索結果が多くても、上位表示は可能となります。

 

このライバルチェックというのは、
自分が決めたキーワードで記事を書く際に、
上位表示される可能性を高めるための重要な作業になります。

 

というのも、自分が狙ったキーワードで記事を書くとき、
そのキーワードがすでに他のブロガーの記事で埋め尽くされていたら、
上位表示が難しくなるからです。

 

では、具体的にどうやってライバルチェックをするか、
画像を参考に見ていきましょう!

 

 

例えば、宇多田ヒカルさんについて、
記事を書こうとしたとき、

「宇多田ヒカル 子供 性別」

というキーワードを狙ったとします。

 

この場合、このキーワードで検索をすると、

 

 

上位の5記事を見るだけでも、
タイトルにすべてこのキーワードが含まれています。

 

こんなパターンのときは、
このキーワードで記事を書いても、
すでに他のブログで記事がたくさん書かれているわけなので、
上位表示が少し難しくなるのです。

 

 

一方で、

「宇多田ヒカル 私服 ブランド」

というキーワードで検索をかけてみた場合、

 

 

「宇多田ヒカル ファッション ブランド」

というすべてのキーワードが含まれている記事が、
上位記事でも2記事しか存在していません。

 

この場合、このキーワードで記事を書いたら、
上位表示される可能性が高くなるのです。

 

上位表示されている記事が、
狙ったキーワードで埋め尽くされていないということは、
まだ上位表示にスキマがあると考えてください。

 

 

こういった感じで、キーワードを決めたら、
実際に検索して、

「そのキーワードがすべて含まれている記事はどれくらいあるか?」

をチェックすることがライバルチェックになります。

 

 

このライバルチェックの目安としては、
自分が狙ったキーワードの検索結果の1ページ目に、
同じキーワードが含まれている他の記事が、
3、4つまでの場合、記事を書いてみましょう。

 

逆に、検索結果の1ページ目に5つ以上同じキーワードの記事があったら、
上位表示が難しくなるので、
その場合は他のキーワードを狙っていくことがおススメです。

 

 

記事タイトルの付け方

記事を書くキーワードを決めたら、
次はタイトルの付け方の説明になります。

 

意外と、タイトル付けでアクセス数が大きく左右するんです。

 

このタイトル付けも、
抑えるべきポイントがいくつかあるので紹介していきます!

 

 

タイトル付け:ポイント①タイトルはなるべく32文字以内にする

 

タイトルをつける際に意識するべきことは、

”タイトルはなるべく32文字以内に収める”

ということです。

 

 

というのも、YahooやGoogleで検索をかけた際、
表示されるタイトルの文字数は32文字となります。

 

32文字以降は、「…」と表示されてしまうため、
検索をしたユーザーからはそれ以上が読めません。

 

 

ですが、絶対に32文字以内じゃなければいけないということでもないです。

 

なぜなら、タイトルを32文字以内に絶対収めなきゃ!と考えていると、
32文字以上の良いタイトルが思いついたとき、諦めざるを得なくなります。

 

なので、

「これは良いタイトルだ!興味そそりまくるぜ!」

と自分自身が納得いくタイトルであったら、
その時は32文字以上であっても、GOです。

 

タイトルは絶対的に32文字以内と言うわけではなく、
なるべく32文字以内に収めるように意識しましょう。

 

 

タイトル付け:ポイント②自然なタイトル付けを心がけよう

記事のタイトルは、
あくまで見る人にとって自然なタイトルであったほうが良いです。

 

例えば、先程にも例を挙げた、

「宇多田ヒカル ファッション ブランド」

をキーワードにし、タイトルをつけるなら、
そのままをタイトルにしてはいけません。

 

 

できるだけ自然なタイトル付けを心がけ、

「宇多田ヒカルのファッションは実はあのブランドだった」

みたいな感じだと読み手も入りやすいです。

 

 

それでも、自然なタイトル付けがイメージしずらいなら、
他の人が書いているタイトルなどを参考にしてみましょう。

 

実際にキーワードで検索をかければ、
様々なタイトルが出てくるので、
勉強がてら調べてみるのも良いですね。

 

 

実際にトレンドブログの記事を書いてみる

さて、ここまでで、
ネタ選定、キーワード選定、タイトル付けまでの工程が
なんとなくでも理解して頂けたかと思います。

 

いよいよ、実際に記事を書く作業ですね。

 

最初に、記事を書く上で意識するべきことは、
コピペなどは絶対に避け、オリジナルな文章を書くということです。

 

 

で、オリジナルな文章となると、

「なんだかすげー難しそう」

と思われるかもしれませんが、
そう難しく考えることもないのです。

 

要は、記事に訪れたユーザーに対し、
求めている情報を書けば良い。

 

つまり、ユーザーの知的好奇心を満たしてあげれば良いのです。

 

 

「宇多田ヒカル ファッション ブランド」

このキーワードであれば、訪れたユーザーは、
単純に宇多田ヒカルさんのファッションのブランドを知りたいだけなので、
その情報を正しく書いていけば大丈夫ですね。

 

 

では、このまま、

「宇多田ヒカル ファッション ブランド」

というキーワードを使ったとして、
基本的な記事の書き方の流れと説明すると、

 

 

(冒頭)記事の説明をする。

例文:

「歌手として大人気の宇多田ヒカルさんですが、
その容姿の美しさから、ファッションに注目されていることも多いです。」

 

本文(見出し1)

宇多田ヒカルさんのファッションブランドを説明する。

 

本文(見出し2)

実際にどんなブランド店で売っているのか、
どこで手に入るかなどの説明をする。

 

本文(見出し3)

補足情報を説明する。

宇多田ヒカルさんの時期別、PV別のファッションブランドの話など。

 

まとめ

今回の記事の内容をカンタンに振り返りまとめる。

 

 

こんな感じの記事の構成が、
読みやすくオーソドックスのモノになります。

 

もっとカンタンにまとめると、

(冒頭)

記事の説明

本文(見出し1)

概要をカンタンに説明

本文(見出し2)

詳細を説明

本文(見出し3)

補足情報などの説明

まとめ

記事の振り返り

 

こんな感じになります。

 

この流れを掴めば、どんなキーワードで書く際でも、
分かりやすくまとまった記事が書けるので、
是非とも参考にしてみてください。

 

 

ちなみにですが、記事を書く際に気をつけるべきことがあって、

”タイトルと本文が一致していない記事”

これは絶対に避けましょう。

 

なんでかというと、
ユーザーがタイトルに惹かれ、せっかく記事に降り立ったとき、

「タイトルと中身が全然ちゃうやんけ!」

と思われたら、速攻でブラウザバックされます。

 

そして、グーグルの検索エンジンは、
コンテンツの中身を重視している面があるんです。

 

なので、基本的には、
タイトルと中身が一致していない記事は、
上位表示がされずらいと考えておいてください。

 

 

 

トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方。まとめ

以上、トレンドアフィリエイトのブログ記事の書き方を書いていきました。

 

トレンドアフィリエイトで記事を書くときは主に、

  • ネタ選定
  • キーワード選定
  • タイトル付け
  • 記事本文を書く

この流れが必要不可欠です。

 

意外とカンタンに思えたでしょうか?
そう、トレンドアフィリエイトはカンタンなのです。

 

しっかりとポイントを抑えるだけで、
十分実践的な記事が書け、初心者でも早いうちから収益化を狙えます。

 

 

また、トレンドアフィリエイトにおいて、
もっと実践力を高め、より早い収益化を狙いたい
という思いがあれば、僕がおススメしている教材を紹介しておきます。

 

⇒下克上∞(アフィリエイト商材)は実践しても稼げない?
岡田崇司(バナナデスク)評判、内容を特典付きレビュー

 

この下克上∞という教材は、トレンドアフィリエイトの王道教材であり、
もっと高度なテクニック、収益を伸ばす方法をカンタンに学ぶことができるモノです。

 

もちろん、今回の記事で書いたことでも実践はできますが、
月の収益を5万円、10万円以上と狙う方には少し厳しいとも言えます。

 

現実的にこの数値を狙うのであれば、
下克上∞のノウハウを使うことで、より確実性が増すことでしょう。

 

また、僕のブログから下克上∞をご購入してくださった方には、
豪華特典をプレゼントしています。

 

興味があれば、詳細はレビュー記事のほうに書いているので、
読んでみてください。

⇒下克上∞(アフィリエイト商材)は実践しても稼げない?
岡田崇司(バナナデスク)評判、内容を特典付きレビュー

 

 

トレンドアフィリエイトは、ネットビジネスの中でも、
初心者からでも取り組みやすく、収益化が早いビジネスモデルの一つです。

 

そして、初期費用やリスクもなく始めることができるので、
興味があったら是非とも行動に移してみましょう!

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
トレンドアフィリエイト

トレンドアフィリエイトのリスクについて。実践しない方が良い?

こんにちは。じゅんです。

 

 

今回は、

「トレンドアフィリエイトのリスクについて。実践しない方が良い?」

ということをテーマに記事を書いていきます。

 

トレンドアフィリエイトは、
初心者がインターネットで稼ぐ上で作業も難しくなく、
収益化も早いというモデルで人気は高いですね。

 

 

しかし!実際には、

「トレンドアフィリエイトにはリスクがあるんじゃないか?」

と、不安要素もチラホラ見かけます。

 

 

トレンドアフィリエイトでよく見るリスクとは、

 

  1. ペナルティを受ける場合がある
  2. いきなりアドセンスが停止になる恐れ
  3. 長期的に稼げるモノじゃない?

 

こういったモノです。

 

 

確かに、トレンドアフィリエイトにおいて、
こういったリスクは存在します。

 

しかし、これらは一見リスクのように見えても、
しっかりと対策を行うことで最小限にリスクを抑えることができるので、
そんな対策を順番に紹介していきましょう。

 

 

 

ペナルティを受ける場合がある

トレンドアフィリエイトでは、
ペナルティというものが存在します。

 

このペナルティというのは、
グーグル先生にその記事が価値がないと判断されると、
いきなり記事が削除されたり、検索上位から圏外に飛ばされたりすることです。

 

で、グーグル先生に価値がないと判断される要因としては、

  • コピペ、リライト記事
  • 内容の薄い記事
  • ニュース記事をそのまま書き写しただけの記事

みたいなものが挙げられます。

 

 

なぜこんなペナルティが起きるかというと、
グーグルの検索上位にある記事が
コピペで量産されたような内容の薄い記事ばかりだと、

ユーザーからしたら、

「なんだ、グーグルってまともな情報がないな」

と、判断され、グーグル先生の信頼そのものが
落ちてしまうからです。

 

 

こういうペナルティは、
何もトレンドアフィリエイトに限ったことではありません。

 

グーグルに表示されるすべての記事全体に関わっているペナルティなので、
価値がない記事はすべてペナルティを受け、検索上位から除外されてしまいます。

 

 

まあ、これは当たり前と言えば当たり前の話ですよね。

 

そもそも、価値の低い記事なんかを書いていれば、
グーグル先生から除外されずとも、
誰にもしっかり読んでもらえません。

 

 

そういう意味で、

”トレンドアフィリエイトはペナルティを受ける”

ということではなく、

”価値のない記事のすべてはペナルティを受ける”

といった考えが正しいですね。

 

なので、トレンドアフィリエイトにしろ、
ブログを書くときはつねにコピペやリライトなどは避け、
良質な記事を書く必要があります。

 

それさえしっかり抑えていけば、
ペナルティは十分に避けられるものです。

 

 

いきなりアドセンス停止の恐れ

トレンドアフィリエイトは、
アドセンス広告で稼ぐモノです。

 

このアドセンスなんですが、
利用するにあたって、いくつか規約が存在します。

 

この規約に反した記事を書けば、
当然のことながらアドセンスを停止される恐れがあるんです。

 

 

これに関して、分かりやすくいうと、
テレビの放送禁止用語みたいなもんですね。

 

タレントさんが放送禁止用語をバンバン話してたら、
そりゃテレビに出られなくなっちゃいます。

 

他にも、Youtubeでも、
様々な規約を守った上でみんな広告収入を得ていますよね。

 

 

そう考えれば、どんな媒体にも守らなければならない規約があり、
何もトレンドアフィリエイトに限った話ではありません。

なので、しっかり規約を守った上で、
トレンドアフィリエイトを実践すれば問題はないのです。

 

 

ただ、規約を守れば問題はないけれど、
規約をしっかり頭に叩き込んでおく必要があります。

 

主に、トレンドアフィリエイトで
禁止されていると規約とは、

 

  • 広告を自己クリックしない
  • 広告をクリックさせるような誘発をしない
  • 著作権を侵害しない
  • NGコンテンツを使用しない

 

などなど、抑えるポイントはいくつかあります。

 

 

こういった規約は、キッチリと押さえ実践をすれば、
アドセンス停止のリスクはなくなるので、
今のうちにしっかり学んでいきましょう。

 

 

長期的に稼げるモノではない?

トレンドアフィリエイトというのは、
主に流行のネタを書いていくイメージがあり、

「それだと、長期的に稼いでいけないのでは?」

というリスクを感じる人が多くいます。

 

ですが、トレンドアフィリエイトの記事でも、
長期的に稼ぐことは十分に可能です。

 

 

まず、ここで抑えておくべきことなんですが、
トレンドアフィリエイトには大きく分けて2種類の記事が存在します。

 

それは、

  • ショートレンジキーワード
  • ロングテールキーワード

というモノですね。

 

ショートレンジキーワードとは、
流行のネタで、瞬間的にアクセスを集めるキーワードのことです。

 

例えば、

  • 芸能人の結婚、不倫、引退
  • 放送中のアニメ、ドラマ
  • 事件や科学的な発見などのニュース
  • 台風や地震などの突発的な災害

 

 

などなど、挙げていけばキリがないんですが、
瞬間的に注目を集めるニュースはアホほどあります。

 

これらがショートレンジキーワードと分類され、
このキーワードは一時的にアクセスを爆発させることができますが、
旬が終われば、キーワードの検索需要は減っていくのです。

 

分かりやすく言うなら、
少し前に南海キャンディーズの山ちゃんが結婚したニュースがありましたが、
このニュースはショートレンジキーワードとなります。

 

なんでかって、超絶な山ちゃんファンでもない限り、
ずーっと検索されるキーワードではないからですね(笑)

 

 

一方で、トレンドアフィリエイトには、
ロングテールキーワードというのが存在します。

 

このロングテールキーワードとは、
流行廃り関係なしに検索されるキーワードのことですね。

 

例えば、

  • 芸能人、スポーツ選手、政治家、作家、などの著名人のキーワード
  • クリスマス、ハロウィン、バレンタイン、などの季節モノ
  • 筋トレ、ダイエット、美容、薄毛治療
  • 投資、お金稼ぎ、節約術

 

などなど、これも挙げればキリがないんですが、
瞬間的ではなく、世間にとって長く需要があるモノが
ロングテールキーワードとなります。

 

ざっくり言うなら、
”人がずっと興味を持っているモノ、生きている限り尽きない悩み”
こういったのがロングテールキーワードです。

 

 

といった説明の通り、トレンドアフィリエイトには、
ショートレンジキーワード、ロングテールキーワードが存在します。

 

 

 

で、話しを戻すと、

「トレンドアフィリエイトは長期的に稼げない?」

という疑問についてなんですが、
このリスクはロングテールキーワードを記事に混ぜることで解消できるんです。

 

人が長い間検索するキーワードの記事を書いていれば、
流行り廃りなく検索し続けられますからね。

 

 

なので、トレンドアフィリエイトを実践する上で、
僕のおススメとしては、

”ショートレンジキーワードを書きつつ、
 ロングテールキーワードを積み重ねていく。”

というやり方です。

 

 

で、ここで疑問になってくるのは、
「ロングテールキーワードだけ書き続けた方が効率良くね?」
ということだと思います。

 

一見すれば、それが自然な考えですが、
それはおススメできません

 

なぜなら、ロングテールキーワードの記事は、
上位表示させるのに時間が掛かるんです。

 

 

やはり、長い間需要があるキーワードは、
すでに書いている人が多いので、検索エンジンに評価されるまで、
最低2、3ヶ月掛かるものと把握しておいたほうが良いでしょう。

 

一方で、ショートレンジキーワードは、
寿命は短いけど、ニュースが出るたびに新たに生まれるキーワードなので、
ライバルが少なく、比較的カンタンに上位表示が狙えます。

 

 

そういう理由から、
ショートレンジキーワードも書くべきなんですね。

 

 

つまりは、ショートレンジキーワードを書き、
瞬間的に爆発させるアクセスを集めながら、
その裏でロングテールキーワードを積み重ねていけば、

 

”瞬間的に稼ぐこともでき、長期的に稼いでいくこともできる”

 

ということが実現できます。

 

 

そんなわけでトレンドアフィリエイトは、
長期的な稼ぎも十分に狙えるので、
ロングテールキーワード記事を欠かさず書いていきましょう。

 

 

トレンドアフィリエイトのリスクについて。実践しない方が良い?まとめ

 

以上、書いてきたように、
確かにトレンドアフィリエイトには、

  • ペナルティを受ける
  • 突然のアドセンスの停止
  • 長期的に稼げない

というリスクはあります。

 

しかし、このリスクはしっかりと内容を理解し、
対策をしていけば避けられるものです。

 

トレンドアフィリエイトを実践する場合は、
リスクを避けるための対策をして始めてみましょう。

 

しっかりとリスクを理解し、
ある程度のルールに準して実践すれば問題はありません。

 

 

また、トレンドアフィリエイトは、
初心者からでも最も稼ぎやすいビジネスモデルの一つなのでおススメです。

 

リスクも世間が煽っているほど、
大したことではないので、実践してみたいと思うのなら、
トレンドアフィリエイトは実践してみる価値は高いと言えます。

 

 

ちなみに、僕がやっている無料メール講座では、
初心者がトレンドアフィリエイトを始めるやり方を、
ブログよりもっと詳しく解説し、
実践するまでの手順を紹介しています。

 

興味があれば、登録してみてください。

 

⇒無料メール講座はこちらから参加できます。

※今なら限定で、ネットビジネスの基礎を把握するための
ファーストステップをまとめた特典を無料でプレゼントしています。

 

 

 

以上、

トレンドアフィリエイトのリスクについて。実践しない方が良い?

についての記事でした。

 

ここまで説明してきたリスクというのは、
テレビでも、Youtubeでも、SNSでも禁止事項があるように、
何もトレンドアフィリエイトに限ったことではありません。

 

なので、しっかりとルールや規約を把握して実践すれば、
さほど問題になることもないので、
あまり重たく考えず興味があれば是非実践してみてください。

 

トレンドアフィリエイトは、まだまだ稼げますからね。

 

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

カテゴリー
コラム

【必見】サラリーマンになりたくない若者へ。こんな選択肢もある。

こんにちは。じゅんです。

 

現在、学生で、

「サラリーマンになりたくない」

という方は多いと思います。

 

もしくは、現在サラリーマンをやりながら、

「もうサラリーマンを続けたくない」

と思う人もたくさんいるかもしれません。

 

 

僕が思うにそういう人って、
サラリーマン以外の選択肢がないから、
サラリーマンに縛られてしまう場合が多いと思うんですよね。

 

 

心理的には、

 

サラリーマンになりたくない、続けたくない。
けど、他に特別やれそうなこともない。
じゃあサラリーマンをやるしかない。

 

みたいな流れ。

 

かくゆう僕自身、サラリーマンとして働いていたときは、
他に選択肢が見つからなかったため、
働き続けることしかできませんでした。

 

 

で、現在はネットビジネスというもので、
稼ぐことができるようになり、
世の中の選択肢の広さを知ったんです。

 

 

もし、これを読んでいるあなたが、
サラリーマンになりたくないという思いが強いのに、
それ以外の方法が見つからないのであれば、
とても参考になる記事だと思います。

 

 

サラリーマンになりたくない。サラリーマン以外の選択肢を知るべし

まず、サラリーマンと言うしがらみに苦しんでいる人は、

”サラリーマン以外の選択肢がない”

と思い込んでしまっている場合が多いです。

 

なぜなら、日本社会では学校を卒業した就職。
というのが当たり前の流れになってますからね。

 

むしろ、それ以外の選択肢は教えてくれません。
なんなら、

「サラリーマン以外は危険」

ということばかり教育されるんです。

 

僕の場合、結局のところ何が危険なの?
と思っていますが。。。

 

僕自身、自分でビジネスをやっていますが、
全くリスクなく続けることができています。

 

 

世間一般的には、

  • サラリーマン以外は安定しない
  • 企業はリスクが高すぎる
  • やりたくないことをやるのが普通

という感じで、サラリーマン以外の選択肢を否定されるけど、
どういう根拠があって、否定するのか?です。

 

正直、こういう意見って、
昔の考え方から抜け出せていないなと思います。

 

確かに、一昔前ではサラリーマン以外で稼ぐとなると、
なかなか一筋縄ではいかない時代でした。

 

企業をするにしても、多大な資金が必要だったし、
個人の名前を売るにも、TV、雑誌、本、などでしか発信ができない時代です。

 

 

ただ、今の世の中ってインターネットの普及もあって、
稼ぐ選択肢って確実に増えてきてます。

 

ブロガー、SNS、Youtuber、フリーランス、
こういう個人が活躍できる場が増えました。

 

これらの最大のメリットって、多大なお金をかけることなく、
個人が名前を売るもできて、商売もできるってことなんですよね。

 

僕もネットで収益を出すことに成功してますし、
友人にもツイッターやブログでアホほど稼いでいる人もいます。

 

何が言いたいかと言うと、
こういう選択肢を知るということが大切なんです。

 

結局、サラリーマンもそうだけど、
人が追い込まれる心境って、

”それ以外選択肢がない時”

だと思います。

 

これがなくなったらヤバイ。
自分にはこれしかない。

 

こういう心境ってめっちゃ辛いです。

 

だからこそ、サラリーマンになりたくないとか、
サラリーマンを続けたくないと思う人って、
それ以外の選択肢を知る、または作る。
ということで、心に余裕が生まれます。

 

「まあ、最悪サラリーマンじゃなくてもやっていける」

 

そんな風になれたら、精神的余裕が半端なく生まれるんですね。

 

 

サラリーマン自体は悪でも何でもない

よく、企業家とか個人事業している人って、
サラリーマンを超ディスる場合があるんですけど、
僕はあまりそういう風に言うつもりはありません。

 

確かに、個人的にはサラリーマンという生き方はあまり合わなかったんですが、
極端に考えると精神的負担にもなります。

 

つまり、

”サラリーマンをやるか、独立するか”

みたいな考え方だとハードルが高いということです。

 

とりあえずサラリーマンになってから、続けながらでも、
選択肢を広げるやり方はあります。

 

というのも、サラリーマンをやりながら、
副業で稼いで独立する人も現にいるし、
それを両立している人だっていますからね。

 

 

なので、これを読んでいるあなたに言いたいことは、
選択しを極端に考える必要はないということですね。

 

大事なのは、精神的に余裕を持ちながら
自分の最善の道を見つけることなので、
ハッキリできない自分を責める必要もないし、
悩みながら進んでいって全然OKってことです。

 

サラリーマンとして働くこと自体は何ら悪でもないし、
向いていた場合はそのまま続けていく選択肢もとれますしね。

 

 

じゃあ何が大事かって言うと、
やっぱり選択肢の多さです。

 

サラリーマンであってもなくても、
逃げ道を作っておくことが大切と言えます。

 

 

例えば、不登校児が苦しむのって、
学校に行くか行かないかしか親が選択肢を与えない場合が多いです。

 

ここで、学校以外にも選択肢があれば、
確実に心の余裕が生まれますよね。

 

留学でも、通信教育でも、ビジネスをしてみるでも、
”それ以外の生き方”を知れば、世界は広がり、
心にゆとりを持つことができるんです。

 

じゃあ、選択肢の広げ方ってなんだ?
ってことになるので、このまま解説していきましょう。

 

 

サラリーマンでも、個人で稼ぐスキルを学べば良いことだらけ

僕の周りでは、僕も含め、
個人で稼ぐスキルを持っている人がいます。

 

元サラリーマンだった人が、ブログで数百万稼ぎ、
現在はコピーライターをしたり、Webマーケティングのコンサルをしたり。

 

はたまた、サラリーマンをやりながら、
ツイッターで稼ぎまくりながら、

「まあ、正直会社辞めても食ってはいけるんすけどね~」

みたいな人もいました(笑)

 

 

こんな風に個人で稼ぐ力がある人の何が良いかって、
選択肢が広いんですよね。

 

個人で稼ぐ力をつけていると、
最悪サラリーマンを辞めても、会社がダメになっても、
それ以外で稼げるという柱他にあります。

 

それゆえに、常に精神的余裕もでてくるし、
食いっぱぐれることのない自信も生まれるんです。

 

だからこそ、これを読んでいるあなたが、

「サラリーマンとかなりたくね~」

と思っていたとしても、
個人で稼げる力をつけておくことで、
サラリーマンになってもならなくても、今後選択肢がでてきます。

 

やっぱ一つのことだけに依存する状態は苦しいです。

 

 

けど、こうやって話していると、

  • 「そんなことカンタンにできるわけない」
  • 「それができたら苦労せんわ!」

という思いが出てくるかもしれません。

 

 

実際、僕も個人で稼ぐという選択肢を知らなかったときは
そういう風に思っていました。

 

けど、個人でリスクなしで稼げるという世界を知り、
働き方とか、生き方とかの選択肢の広さを知ったんです。

 

少し世界を広げてみるだけで、

「えっ、こんなことで稼げるの?こんな生き方があるの?」

みたいな感じで、色々な世界が見えたりします。

 

 

僕としては、サラリーマンになりたくない人は、
是非とも長い目で見て個人で稼げる力をつけるべきだと思うんです。

 

というよりは、僕が一番おススメするのは、
サラリーマンになってもならなくとも、
選択肢が多い人生を作る
という方法をつねに持っておくことと言えますね。

 

例えば、ネットで稼ぐ力をつけておくなんてすごく良いですよ。

 

なんでかって、ネットで稼ぐっていうことは、

  • 個人でも生活ができる
  • Webマーケティングを学べる
  • ビジネスの本質を自分のスキルにできる

という感じで、お金を稼ぐのはもちろんのこと、
企業にも対応できる力を持てるということになります。

 

つまり、個人でお金を稼ぎ続けても良いし、
その力を使って企業に就職もしても良いし、
実績を重ねて企業相手にコンサルをしても良いってことです。

 

僕は現在、個人で稼ぐことに集中してビジネスをやっていますが、
知り合いはネットで稼いだ後、企業相手にコンサルもしていたります。

 

 

やっぱ、個人で稼げる人って、
選択肢が広いんですよね。

 

どんな生き方をするにしろ、
個人で稼ぐ力をつけておくことにおいては、
絶対的に損はありません。

 

 

サラリーマンになりたくないあなたへ

これを読んでいるあなたは、サラリーマンになりたくない、
またはサラリーマンとしての生き方が嫌になった人だと思います。

 

けど、サラリーマンになったところで、
人生は決まったわけではないし、
そこからでもたくさんの選択肢を広げることができるんです。

 

もちろん、何がなんでもサラリーマンになりたくない人は、
無理になる必要はないと思います。

 

 

僕が結局何が言いたいかと言うと、
サラリーマンであってもなくても、
選択肢の多い人生を作ることが大事ということです。

 

両極端に考えるとどうなるかというと、

  • サラリーマンとして生きる
  • 独立して生きる

みたいな選択肢しかとれなくります。

 

こんな2択しかなかったら、
やっぱ不安だし苦しいんですよね。

 

 

漠然とサラリーマンになりたくない、
けど個人でやっていくなんて不安だ。。。

 

くらいの気持ちであるなら、
一旦就職してから選択肢を広げても何ら遅くないと言うことです。

 

 

または、現在サラリーマンを続けていながら、
辞めたいけど、辞めた後は不安だ。。。

 

っていう人も、続けながら選択肢を広げることもできます。

 

 

で、選択肢の広げ方なんですが、
僕個人としては、ネットで稼ぐ力をつけることがおススメです。

 

なぜなら、ネットで稼ぐことって、
リスクもかからないし、どんな個人にでもチャンスがあります。

 

僕が現在やっている無料メール講座では、
完全0の初心者からでも始めることができる、
インターネットで稼ぐ方法を配信しています。

 

副業からでも始めることができる内容なので、
興味があったら登録してみてください。

 

すごく選択肢が広がると思います。

 

⇒無料メール講座はこちらから参加できます。

※今なら限定で、ネットビジネスで稼ぐためのファーストステップをまとめた
有料級の情報をPDFにてプレゼントしています。

 

 

そんなこんなで、サラリーマンになりたくない人に向けて、
少しでも役に立てればと思い、記事を書いていきました。

 

 

実際、サラリーマンになりたくない人って、
希少性は高いんですよ。

 

大体の人は教育のままにサラリーマンになっていくところを、
その教育に馴染めず、自分の生き方を探しているって時点で、
すげーことなんです。

 

 

これを読んでいるあなたは、是非とも一つの生き方に固執しないで、
色々な選択肢をとれる方法を手に入れてみてください。

 

大人になってからでも、その気になればどんな生き方だってできます。
バカでダメだった僕が、ネットで稼げることだってできてるんですからね。

 

 

この記事が少しでもあなたの役に立てれば幸いです。

 

ではでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。